UBS版聖書本文の検証
ヨハネ7・8

キリストを偽り者としている事例

ウィルバー・N・ピッカリング博士

新約聖書本文TRの訳例
《ギリシャ語》
TRなど大多数の写本、および、バチカン写本・パピルス写本(P66とP75)等のごく少数の写本の読み方
「ウーポ」(まだ…しない

《訳例》
  • 私は、まだこの祭りには上って行きません」(TR日本語訳 新約聖書
  • 「我は未だ此の節会に上らじ」(新契約聖書
  • 「I go not up yet unto this feast」(KJ版聖書


UBS版ギリシャ語本文ほか、 ごく少数の写本の読み方と訳例
《ギリシャ語》
UBS版ギリシャ語本文・シナイ写本ほか、ごく少数の写本の読み方
「ウーク」(しない
まだ」が存在しない

《訳例》
  • わたしはこの祭には行かない
  • I do not go up to this feast」(NAS)
問題点
 実際にイエス様はその祭りに上って行かれた(しかも、ご自分がそうしようとしておられることを自覚しておられた)ので、UBS版の本文は彼を偽り者としています

コメント
 UBS版の本文の編集者たちは、通常はパピルス写本(P75)やバチカン写本をこのうえなく高く評価しているのに、この事例ではこれらの写本を退けているのは、不思議ではないでしょうか?
 メッツガーの言明は、こうです。(メッツガー → 聖書の歴史 E-2現代版聖書を編集するリベラル派の人々」参照)

「『まだ…しない』という読み方は、8節と10節の食い違い(矛盾)を緩和するために、早い時期[それはパピルス写本(P66とP75)で証言されている]に導入されたのだ」(p.216)
 こうして彼らは、この事例では、パピルス写本(P66とP75)もバチカン写本も退けています。
 NASV、RSV、NEB、TEVなどの聖書は、この非TR本文と同じ読み方をしています。



→ 次へ使徒19・16

……
ネストレ-アーラント版/UBS版聖書本文の検証 目次  聖書のホームページ
聖書の歴史 概観表  聖書の歴史 目次   TR 新約聖書  




Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ