聖書の歴史 D-9 聖書の歴史 目次 

バチカン写本・シナイ写本の構成 》

フロイド・N・ジョーンズ博士

● 99%の多数派の写本と合致していない『異質』の写本

 新約聖書の真の本文を証言するギリシャ語の写本は、総計で5262あります。
 そのうちの5217、すなわち、99パーセントは相互に合致しています

 それ以外のもの(バチカン写本シナイ写本など)は、この99パーセントの多数派の写本合致していないだけでなく、それら少数派写本同士の間でも合致していません

《99パーセント超の多数派写本》
    
  
   
  

ギリシャ語の写本(総計)
(総数 5262)


● バチカン写本とは?
バチカン写本

 バチカン写本とは何でしょうか?
 それは『ベラム皮紙』(上等の皮紙)に書かれた、全759ページ(各ページ 約27センチ四方)のギリシャ語写本です。
 それは旧約聖書外典(アポクリファ)も含んでいるゆえ、聖書に聖書以外のものを付け加えています
 しかし、神は、「付け加えてはならない」と言われました。

 バチカン写本には、バルナバの手紙(新約の時代の外典的書物)も含まれています。
 この書は、「水のバプテスマが、たましいを救う」と教えており、これも、神のことばに付け加えることです。
 バチカン写本は、創世記1・1〜46・28、詩篇106篇〜138篇、マタイ16・2、3、ローマ16・24などを含んでいないゆえ、神のことばが削除されてもいます。
 バチカン写本には、パウロの牧会書簡(第一テモテ、第二テモテ、テトス書、ピレモン書)もありません。
 この写本には、「ヨハネの黙示録」も、ヘブル9・15〜13・25欠けています
 これらは、イエス様のただ一度のいけにえが、数々の聖礼典(サクラメント)を永遠に終わらせたことを教えている箇所です。
 また、マルコ16・9〜20は空欄とされています。

《バチカン写本》 全759ページ
《外典》
 たとえば、
『バルナバの手紙』
『トビト書』
『ヘルマスの牧者』
 …………
 …………
《聖書の一部》
 ただし、次の横線のものは欠落
『創世記』約91%欠落。1・1〜46・28が欠落
『詩篇』約22%欠落。106篇〜138篇が欠落
『テモテへの第一の手紙』100%欠落
『テモテへの第二の手紙』100%欠落
『テトスへの手紙』100%欠落
『ピレモンへの手紙』100%欠落
『ヘブル人への手紙』約53%欠落。9・15〜13・25が欠落
『ヨハネの黙示録』100%欠落

『マタイによる福音書』16・2、3
『マルコによる福音書』16・9〜20
『ローマ人への手紙』16・24
……など


 エラスムスは、1515年、新約聖書のギリシャ語本文を準備していた時、バチカン写本のことも、その写本の「異なる読み方」のことも知っていました。
 それらの読み方は、彼が見てきた大多数の写本とはとても異なるものであったため、エラスムスはそのような読み方を擬似的なもの(偽物)とみなしました
 たとえば、バチカン写本には、「神秘、大バビロン」、「七つの頭、すなわち、淫婦が座っている七つの山」、「その女、すなわち、地上の王たちを支配している(七つの山を持つ)大きな都」などが含まれていません。これらすべては、黙示録十七章に見られるものです。




●シナイ写本とは?
シナイ写本

 1844年に発見されたシナイ写本(184ページ半)は、どのページも約34センチ×38センチの大きさです。
 「シナイ写本は『完全な』ギリシャ語新約聖書である」と言われることがありますが、実際はそうではありません。

シナイ写本
ヨハネ5・4、8・1〜11、マタイ16・2、3、ローマ16・24、
第一ヨハネ5・7、使徒8・37など
含まない
マルコ16・9〜20 含まない
「ヘルマスの牧者」「バルナバの手紙」 含む
旧約聖書の外典(アポクリファ) 含む

 たとえば、シナイ写本は、「ヘルマスの牧者」「バルナバの手紙」を新約聖書に付け加えています。
 それは、ヨハネ5・4、8・1〜11、マタイ16・2、3、ローマ16・24、マルコ16・9〜20、第一ヨハネ5・7、使徒8・37、および他のいくつもの節を削除しています

● 改ざん聖書に現れているアリウス派の異端思想の事例
 これらの大文字写本に関して最も重要な事実は、バチカン写本とシナイ写本の両方で、ヨハネ1・18の箇所を、イエス様が「生まれたひとり子である御子」であると記す代わりに、「生まれたひとり子である神」と記していることです。
 これはまさに、あの最初のアリウス派の異端の考えです!
 それは、神にはイエスという名前の小さな神がいて、イエスは父なる神より劣った神であることを意味します。
 これは、初めに大きな神が存在し、彼が小さな「神」を創造したことを意味します。
 こうして、イエスは一人の被造物、小文字の「god」(大文字の「God」ではなく)となってしまうのです。
 しかし、受肉の時、小文字の「god」が生まれたのではありません。神は一人の御子をお生みになったのであり、御子は(彼の神性に関して)永遠におられる方です(ミカ書5・2)。
 このバチカン写本やシナイ写本の読み方が、これらの大文字写本を信頼できない、腐敗したものとしているのです!

 このアリウス派の異端思想は、オリゲネスが旅先で見つけたギリシャ語写本を改ざんしたことの結果として生まれたものであり、オリゲネスの著作のコピーに由来するバチカン写本とシナイ写本の中に現れています。

《オリゲネス自作の旧新約聖書》
オリゲネス自作の旧約聖書:「ヘクサプラ」(245年)
 第一欄=ヘブル語聖書
 第五欄=オリゲネス自作旧約聖書(ギリシャ語。外典
 他の三欄=エビオン派(異端)の人々によるギリシャ語訳
オリゲネス自作の新約聖書
オリゲネス自作旧新約聖書は、
 エウセビウスによる50冊の聖書、ヒエロニムスによるウルガタ聖書にも使われた。


《オリゲネス》
オリゲネス
オリゲネス自作旧新約聖書
↓       
↓       
↓       
エウセビウス作の50冊の聖書(331年以降)
バチカン写本・シナイ写本の誕生)
バチカン写本シナイ写本
                     
                     
■ヒエロニムス作の
 「ラテン語ウルガタ聖書」(405年)
(ローマ・カトリックの聖書)


………………………
注1)"Post-Nicene Fathers",Vol.6,p.338

《出典 : Floyd Nolen Jones,"Which Version Is The Bible?"[2006年] 》  



さらに深い理解のために(英語)
フロイド・ノレン・ジョーンズ博士の著書
→ "Which Version Is The Bible?"(2010年版) p.50~,106~,139~,142~,152~[PDF]

ジョン・バーゴン/シナイ写本とバチカン写本について
Codex Sinaiticus/Codex Vaticanus

シナイ写本について(ステファン・P・ウェストコット博士:Reformation国際神学セミナリー)
Codex Sinaiticus [pdf]

シナイ写本の検証について(David L. Brown博士・牧師)
Codex Sinaiticus: It Is Old But Is It The Best?




次へD-10
聖書の歴史 目次  D-1 2 3 4 5 6 7 8 9 11 12

……
バチカン写本・シナイ写本とは
聖書の歴史 概観表  聖書のホームページ
TR 新約聖書  UBS版聖書本文とは?
ネストレ-アーラント版聖書本文とは?
聖書協会UBSとは?
ネストレ版/UBS版聖書に関わった人々
オリゲネスとは?
エウセビウスとは?
現代版聖書のルーツ(小冊子) 聖書の歴史(書籍)
キリスト教界でほとんど知られていない事実
聖書本文の比較と検証
二つの聖書本文の流れ(PDF) 
聖書の歴史A〜E1(PDF) 聖書の歴史E2〜E5(PDF)





利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ