聖書の歴史 E-91 聖書の歴史 目次   

現代版聖書のルーツ2
聖書本文RVはどこから

1RVを作り出した人々1
 PDFファイル

RVを作り出した人々
 第一部では、ハンバーガー(現代版聖書)が、RVという『食材』に、現代版聖書編集者たちの思想・信念という『調味料』『味付け』されたものであることがわかりました。
 この第二部では、その聖書本文RVとは何か、そして何に由来するかを見ることにしましょう。

 この聖書本文RVは、1881年、二人のイギリス人B.F.ウェストコットF.J.A.ホートの主導により作られました。(詳細はE-1参照)
 その聖書「改訂」委員会は、それまでのTR聖書であるキング・ジェームズ版聖書(KJV)を改訂するはずでした。
  • B.F.ウェストコットF.J.A.ホート…彼らがRV作成を主導しました。ただし、彼らは悪霊との交信者たちであり、『幽霊ギルド』の創立メンバーでした。 『ウェストコットとホートの思想と神学

  • G.V.スミス…彼はユニテリアン派(三位一体を否定。イエス・キリストの神性を否定)の学者でした。彼はイエス・キリストの神性も、あがないも、聖書の霊感も否定しました。
    彼は、RVユニテリアン派の教えを支持するものであることを、はっきりと信じていました。
 このG.V.スミスについて、次のような記録があります。

 スミスRV翻訳委員会からはずそうする試みがなされた時、ウェストコット、ホート、スタンレー、サールウォールスミスに味方し、スミスがはずされるなら、我々は辞める」と脅しました。
 この卑劣な出来事は、ジョン・W・バーゴン師著の『The Revision Revised 』の序文の中で、A.G.ホブズ氏によって記されています。
スミスが聖餐式に参加したことにより]『何千人もの聖職者たち』による抗議の署名がなされ、英国上院は、次のことを決議しました。

『我々の主なるイエス・キリストの神性否定する者はだれも、
 欽定版聖書改訂の委員として加わるべきではない。…』

 これは下院でも議決されました。それにもかかわらず、彼らはこの不信者をその委員会からはずすことができませんでした。
 驚くべきことに、スタンレー監督、ウェストコット、ホート、サールウォール監督はみな、もしスミスが追放されるなら、この任に就くことを拒むと主張しました。
 聖書が、『なぜなら、その人に喜びのあいさつを言う人は、その人の邪悪な行いにあずかるからです』(第二ヨハネ9〜11)と教えていることを思い起こそうではないでしょうか。
 非常に多くの箇所でキリストの神性が軽んじられているのは、何ら不思議ではありません」
A.G.ホブズ,『The Revision Revised 』(バーゴン師著)の序文 


 スミスは、RVにおける聖書本文の数々の変更も、ウェストコットとホートによるギリシャ語新約聖書も、自分の神学を反映しているものであると証言しました。
 KJV聖書(欽定訳聖書)よりも現代版の本文のほうが神学的に優れているものとしてスミスが挙げた箇所のいくつかは、ローマ9・5、第一テモテ3・16、テトス2・13、そして第一ヨハネ5・7でした。
 そして、その理由は、その批判的な本文のそれらの箇所では、キリストの神性(これはスミスが拒んだことでした)が弱められているから、ということなのです。




委員会から追い出されたスクリブナー博士

F.H.A.スクリブナー
 F.H.A.スクリブナー博士は、非常に学識のある神の人であり、新約聖書の写本および聖書本文の歴史に関し、当時、最も有能で卓越した本文批評学者でした。TR編纂者の一人)
 当初、彼はその委員会に関わっており、その流れをせき止めようとしましたが、投票によって委員会から追い出されました。
 ホートは大多数のメンバーに対し、自分とウェストコットとの翻訳を受け入れるよう説き伏せ、それ以外のどんな意見もほとんど除外しました。


 主導者のF.J.A.ホートについて、さらに見てみましょう。


次へE-92
聖書の歴史 目次  E9-13456789


ページの上へ↑
……

新約聖書 改ざんゼロ本当の『聖書』!!
新約聖書
TR日本語訳
新契約聖書セット  明治元訳新約聖書セット 新契約聖書
明治元訳 新約聖書
イエス・キリストによって認証されたマソラ本文TR本文
《アラビア半島でのイエス様の顕現
イエス・キリストはKJ版聖書
手に持っておられた!

旧約聖書の真の本文…マソラ本文
七十人訳聖書…想像の産物
《『だまし物』の七十人訳聖書
七十人訳聖書の人為的加工矛盾
さらに深く学ぶためのリンク集
聖書のホームページ
聖書シリーズの本
聖書の歴史 目次
カ タ ロ グ一覧
エターナル・ライフ・ミニストリーズ

利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ  Counter