旧約聖書の歴史と改ざんF-52 聖書の歴史 目次 

マソラ本文_問題視されたことのない基準本文


2イエス・キリストの証言


イエス・キリストの証言

 イエス様は、旧約聖書の本文が正確に継承されてきたことを証言されました。
 彼はこう言われました。

こう書かれている
 『人は、パンだけによって生きるのではなく、神の御口を通って出て行くあらゆることばによってである』
」(マタイ4・4)

この箇所の「書かれている」(ギリシャ語『ゲグラプタイ』…完了時制)という語について、ウェイト博士はこう解説しています。
『書かれている』という語は、ギリシャ語の完了時制です。
 ギリシャ語にはおもに三つ時制があります。
 この箇所で使われているのは、完了時制です。
 『ギリシャ語新約聖書の文法』(The Intermediate Grammar of the Greek New Testament by Dana and Mantey, pages 200-205)によると、この完了時制は、ある行動が過去に開始し、そして、その行為の結果が現在まで継続していることを示しています。
 主なるイエス・キリストが『こう書かれている』と言われた時に用いられた時制が、この完了時制なのです。
 それは、彼がサタンに対して引用したその節が、過去にモーセによってヘブル語で書かれ、そして、まさにそれらのヘブル語の数々のことばが、主が悪魔に対してそれらの語を引用されたその日とその時間に至るまで保持されていたことを意味します。
 『書かれている』(ギリシャ語『ゲグラプタイ』…完了時制)という語が用いられているどの場合でも(新約聖書の中に何十箇所もあります)、それは、『聖書が歴史を通じて保持されてきたこと』証拠でもあるのです。
 神の数々のことば(本文)は、それらが書かれた時のままのものとして、とどまっているのです」
(DEFENDING THE KING JAMES BIBLE,p9)

  • ルカ24・44にも、『書かれている』(ギリシャ語『ゲグラプタイ』…完了時制)という語があります。
    (イエス・キリスト)は彼らにこう言われた。 『私がまだあなたがたといっしょにいた間に、あなたがたに向かって話したことばは、こうです。
     すなわち、私についてモーセの律法と預言者たちの書と詩篇の中に書かれているすべてのことが成就されなければならないということです』
    」(ルカ24・44)

     つまり、「モーセの律法と預言者たちの書と詩篇」旧約聖書全体が、それらが書かれた時のままのものとして、とどまっているとイエス・キリストが証言されたのです!

  • マタイ4・6では、サタン自身によっても使われています! 
    「(悪魔は)(イエス・キリスト)に言った。
     『もし、おまえが神の子なら、おまえの身を下に投げろ。
     こう書かれているからだ。
     「彼はあなたのことで彼の使いたちに命じる。すると彼らは、あなたが足を石に打ちつけないように、手であなたを取り上げる」』
    」(マタイ4・6)

    サタンも、旧約聖書を、過去に書かれ、そして、その行為の結果が現在まで継続しているものとみなしていたのです。
    『聖書が歴史を通じて保持されてきたこと』が真実であることを、サタン自身もわきまえているのです!

 イエス・キリストはこう宣言されました。
なぜなら、まことにあなたがたに言いますが、天と地が過ぎ去るまでは、律法から文字の一点あるいは一画も、すべてが起こるまでは、過ぎ去ることは決してないからです」(マタイ5・18)


このみことばに関して、
  1. フロイド・N・ジョーンズ博士は、こう述べています。
     聖書本文を保持するこの方法は、このうえなく成功を収めました。
     主なるイエス様が、モーセからご自分の日までの約1500年の間に文字の一点あるいは一画も改ざんされなかったことを証言された通りです。
    F1参照)

  2. エドワード・ヒルズ博士は、こう述べています。
     ここで主イエスは、彼が地上で働きをなさった時期に、ユダヤ人たちの間で一般的に使用されていた旧約聖書が、モーセおよび他の記者たちによって最初に書かれた本文の、完全に信頼できる複写物であったことを私たちに保証しておられるのです」
    ("BELIEVING BIBLE STUDY", Dr. Edward Hills. pp. 5-6)

  3. D・A・ウェイト博士は、こう述べています。
     彼(イエス・キリスト)は、次のようには言われませんでした。
     「今、引用されたモーセのことばは間違いです。それは、こうすべきでした」

     しかし彼は、全くどんな『本文批評』も語られませんでした。
     もし、原文と何らかの相違があったとしたら、きっと彼はそれを訂正されたはずだと私は思います。
     けれども、彼は訂正されませんでした。
     それは、書かれているままなのです!  …
     彼は、ヘブル語旧約聖書の中の、どの本文も、どの語も、どの文字も、反駁されたことは一度もありませんでした。…
     これは、聖書の一つ一つの語が損なわれることなく守られてきているという『聖書の保持』を信じておられることを証明しています。
    ("Defending The King James Bible",2006年 D. A. Waite)


 モーセの時代からイエス様が地上におられた時代までの約1500年間、旧約聖書は文字の一点あるいは一画も改ざんされることなく保持されてきたのです。(F1参照)
神の信託を受けたユダヤ人のレビ人たち
マソラ本文
旧約マソラ本文
マソラ本文に基づく聖書
キング・ジェームズ版聖書






次へF5-3
聖書の歴史 目次  F5-123


ページの上へ↑
……

旧約聖書の真の本文…マソラ本文
七十人訳聖書…想像の産物
《『だまし物』の七十人訳聖書
七十人訳聖書の人為的加工矛盾
さらに深く学ぶためのリンク集
聖書のホームページ
聖書シリーズの本
聖書の歴史 目次
カ タ ロ グ一覧
エターナル・ライフ・ミニストリーズ





利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ   Counter