聖書の歴史G-4 聖書の歴史 目次 

日本語聖書の実態検証4

フィルターをかけられた"日本語聖書"



《思想・信念》という『フィルター』

 どの宗教団体にも、独自の《思想・信念》があり、それを広めるべく活動しています。
  1. 彼らの提供する『宗教書』には、彼ら独自の《思想・信念》が含まれています。
  2. そこに書かれている《思想・信念》を人々が読み、その団体の主張する"神"に人々がますます傾倒するようになるためです。
  3. 『宗教書』の中身は何でもよいというわけではなく、彼ら独自の《思想・信念》に合致したものでなければならず、それに合致しない成分は除去されていなければなりません。
  4. つまり、彼ら独自の《思想・信念》が、その書物を構成する諸成分の適否を判別し、自分たちの宗教に「不都合なものは除去し、都合の良いものは通す」という、いわば『フィルター』の役割を果たしていると言うことができます。
  5. フィルター


 UBS・カトリック・ドイツ聖書協会の3団体の場合も同様です。
  1. 彼らの提供する『ビブリア・ヘブライカおよびUBS聖書本文』には、彼ら独自の《思想・信念》が含まれています。
    ビブリア・ヘブライカ
  2. そこに書かれている《思想・信念》を人々が読み、その団体の主張する"神"に人々がますます傾倒するようになるためです。
  3. 『ビブリア・ヘブライカおよびUBS聖書本文』の中身は何でもよいというわけではなく、彼ら独自の《思想・信念》に合致したものでなければならず、それに合致しない成分は除去されていなければなりません。
  4. つまり、彼ら独自の《思想・信念》が、その書物を構成する諸成分の適否を判別し、自分たちの宗教に不都合なものは除去し、都合の良いものは通すという、いわば『フィルター』の役割を果たしていると言うことができます。
  5. フィルター

 彼ら独自の《思想・信念》とは、こういうものです。(G-2
キリストを信じなくても救われる」「他宗教の信者も無神論者も天国に行ける
三位一体否定」 「キリストの神性否定」 「あがない否定
エキュメニカル運動全教会カトリック教会に統一
オリゲネスらの異端の教え」 「ユダヤ人排斥主義」 「キリストの教えを否定
聖書の無謬性否定」「聖書の霊感を否定


 したがって、彼らの『フィルター』の役割は、これらに合致しないものは通過させず、合致するものだけを通過させることです。
 図示すると、こうなります。

フィルター

 こうして彼らの『フィルター』により、
「4. …自分たちの宗教に不都合なものは除去し、都合の良いものは通すことが行われ、
「3.『ビブリア・ヘブライカおよびUBS聖書本文』の中身は何でもよいというわけではなく、彼ら独自の《思想・信念》に合致したものでなければならず、それに合致しない成分は除去されていなければなりません」という役割が果たされています。
 その目的は、「2.そこに書かれている《思想・信念》を人々が読み、その団体の主張する"神"に人々がますます傾倒するようになるため」です。
 どういう"神"でしょうか?
 それは、「キリストを信じなければ救われない」「他宗教の信者も無神論者も天国に行けない」と主張する『神』ではなく、
キリストを信じなくても救われる」「他宗教の信者も無神論者も天国に行けると主張する"神"です!?
 「三位一体の神」も、「イエス・キリストの神性」も、「イエス・キリストによるあがない」等の成分は彼らの『フィルター』除去されます。
フィルター
 そして、「聖書は神の霊感によるものである」ことも、「聖書は誤りのない無謬のものである」ことも除去されます。
 そうして『フィルター』をかけられて出来上がったものが、「ビブリア・ヘブライカ」・「UBS版聖書本文」です!!
ビブリア・ヘブライカ

 それらの本文から日本語に翻訳されたものが、「新改訳聖書」「共同訳聖書」です!!

 次の図からも明らかなように、「聖書は神の霊感によるものである」「聖書は誤りのない無謬のものである」と信じる翻訳者が翻訳しても、リベラル派の翻訳者やカトリック教徒が翻訳しても、あるいは、ヘブル語やギリシャ語を翻訳できる一般の人々が翻訳しても、ほぼ同じような「翻訳聖書」となるはずです。
 なぜなら、翻訳段階より「聖書本文」作成の段階(ビブリア・ヘブライカおよびUBS版聖書本文)で、すでに『フィルター』をかけられているからです)

《原文提供者》
マイケル・ラムゼイ   カトリック  ドイツ聖書協会
キリストを信じなくても救われる」「他宗教の信者も無神論者も天国に行ける
三位一体否定」 「キリストの神性否定」 「あがない否定
エキュメニカル運動全教会カトリック教会に統一
オリゲネスらの異端の教え」 「ユダヤ人排斥主義」 「キリストの教えを否定
聖書の無謬性否定」「聖書の霊感を否定



フィルター

ビブリア・ヘブライカ

《翻訳聖書》
地獄の聖書1 地獄の聖書2  地獄の聖書3 地獄の聖書4 


 このように、彼ら独自の《思想・信念》という『フィルター』をかけられて出来上がったものが、「ビブリア・ヘブライカ」・「UBS版聖書本文」です。
  「新改訳聖書」「共同訳聖書」は、それらの本文から日本語に翻訳されたものです。

 何が除去されているのでしょうか?
 彼ら独自の《思想・信念》に合致しない成分です。

 なぜ、彼らはそういうことを推し進めているのでしょうか?
 彼らの最終目的は、「キリスト教界すべてカトリック教会へと統一すること」(G-2)だからです!!




エターナル・ライフ・ミニストリーズから、神と神のことば全面的に信じる聖徒の皆様への!!

 聖書はこう言っています。ペテロはこう命じました。
あなたがたは聖なる者となりなさい。 私が聖なる者だからである
 (第一ペテロ1・16)


 パウロはこう勧告しました。
「あなたがたは不信者たちと不釣り合いのくびきをいっしょに付けてはいけません。
 なぜなら、不法とに何の共有があるでしょう?
 と何の交わりがあるでしょう?
 キリストベリアルと何の調和があるでしょう?
 あるいは、信者不信者といっしょに何の分け前があるでしょう?
 神の宮偶像と何の合意があるでしょう?  …
 それゆえ、あなたがたは彼らの真ん中から出て行き、分離しなさい、と主が言われる。
 また、汚れたものに触れてはならない。

  そうすれば私はあなたがたを受け入れ、私はあなたがたにとって父となり、あなたがたは私にとって息子たち、また娘たちとなる、と万物の保持者なる主が言われる
(第二コリント6・14〜18)

「なぜなら、私たちは、神のことば混ぜ物をしている、あの多くの者たちのようではないからです」
(第二コリント2・17)


 ヨシュアは、「イェホバに仕えることがあなたがたの目に気に入らないのなら」、異教の神々でも選びなさいと言いました。
 ただし、聖書は、はるかに幸いな道を勧めています。

今、あなたがたはイェホバを恐れ、誠実と真実をもって彼に仕えなさい。
 そして、あなたがたの先祖が川の向こうとエジプトで仕えた神々を取り除き、イェホバに仕えなさい。
 もし、イェホバに仕えることがあなたがたの目に気に入らないのなら、川の向こうにいたあなたがたの先祖が仕えた神々でも、あなたがたが住んでいる地のエモリ人の神々でも、あなたがたの仕えようとする者を、あなたがたのために、きょう選びなさい。
 私と私の家族はイェホバに仕えます
(ヨシュア24・14、15)


 イエス・キリストは、こう警告されました。

「もし、だれかがこれらのことに付け加えるなら、神はこの書に書かれている数々の災害を、その人の上に付け加えられます。
 そして、もし、だれかがこの預言の書のことばから取り除くなら、神は命の書から、また聖なる都から、またこの書に書かれている数々のものから、その人の分を取り除かれます
(黙示22・18、19)


 天からの御声は、『神の民』にこう告げています。

 また私は、別の声が天からこう言うのを聞いた。
私の民よ、彼女の中から出て行きなさい。
 それは、あなたがたが彼女の罪にいっしょにあずかることのないため、また、彼女への数々の災害を受けることのないためである。…」
(黙示18・4)


聖霊の霊感による手書きされた原本に端を発し、神と神のことばを全面的に信じる聖徒たちによる写本を通して引き継がれてきたマソラ本文およびTR本文こそが、神が歴史を通じて保持してこられた真の聖書本文です。
 エターナル・ライフ・ミニストリーズは、神と神のことば全面的に信じる聖徒の皆様に、神が備えられた真の聖書(新約聖書はTR日本語訳)を心よりします新約聖書

旧約聖書の本文について
 マソラ本文ヤコブ・ベン・ハイーム編纂)に基づく日本語旧約聖書は現在見当たりません。
 将来、マソラ本文に基づく日本語の真の旧約聖書が翻訳され発行されることが望まれます。
 それまでは、キング・ジェームズ版聖書(英語)あるいはヘブル語原文等で確認しつつ既存の旧約聖書を読むことをお勧めします。

ヘブル語(マソラ本文)と英語の併記聖書としては、Jay P.Green著の"The Interlinear Bible"をお勧めします。



さらに深い理解のために(英語)
What Mormon Missionaries WON'T Tell You(モルモン教の宣教師があなたに話さないこと)
What LDS Missionaries Won't Tell You At The Door(モルモン教の宣教師があなたに玄関で話さないこと)
強く排斥されている『ビブリア・ヘブライカ』
A Catholic Bible in Evangelical Churches(『福音派教会におけるカトリック聖書』)
Deceiving, And Being Deceived(聖書本文についてのQ&A)
Rudolf Kittel(ルドルフ・キッテルについて)
Kittel, Rudolf° | Encyclopedia.com(ルドルフ・キッテルについて…Encyclopaedia Judaicaによる)
Biblical Hebraica and Ancient Manuscripts | Bible Questions and Answers(ビブリア・ヘブライカと古代文書)
Nestle-Aland | Bible Questions and Answers(ネストレ/アーラント版本文について)
The Kings Bible (マソラ本文とキッテルの本文)
さらに深く学ぶためのリンク集


歴史G 日本語聖書の実態検証
1 日本語聖書の系譜
2 日本語聖書の『パートナーたち』
3 新たなパートナー:モルモン教!!
4 フィルターをかけられた"日本語聖書"
聖書の歴史 目次 G-1234


ページの上へ↑
……

新約聖書 改ざんゼロ本当の『聖書』!!
新約聖書
TR日本語訳
新契約聖書セット  明治元訳新約聖書セット 新契約聖書
明治元訳 新約聖書
イエス・キリストによって認証されたマソラ本文TR本文
《アラビア半島でのイエス様の顕現
イエス・キリストはKJ版聖書
手に持っておられた!

旧約聖書の真の本文…マソラ本文
七十人訳聖書…想像の産物
《『だまし物』の七十人訳聖書
七十人訳聖書の人為的加工矛盾
さらに深く学ぶためのリンク集
聖書のホームページ
聖書シリーズの本
聖書の歴史 目次
カ タ ロ グ一覧
エターナル・ライフ・ミニストリーズ





利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ   Counter