聖書の歴史 B-4 聖書の歴史 目次 

TRと同じ読み方の古代の聖書

フロイド・N・ジョーンズ博士

 二世紀と三世紀初め以降、古ラテン語および古シリア語の新約聖書が、小アジア、アフリカ、パレスチナで広まっていきました。
 (しかし、その後、それらの聖書はヒエロニムス(382年〜405年)により、また、おそらく、ラブラ主教(411年〜435年)により、改ざんされました。
 彼らはオリゲネスの編纂した改ざん版聖書(245年ごろ)にならって、新約聖書の本文を改ざんしたのです)

TR聖書の流れ》

手書きの原本(新約:紀元50年〜95年頃)
世界最古の写本…マグダレン写本(紀元 66年 TRと合致)
古ラテン語聖書(150年頃 TRと合致)
古シリア語聖書(150年頃 TRと合致)
ディアテッサロン(153年〜172年頃 TRと合致)
ワルドー派の聖書TRと合致)
教父たちによる引用
聖句集(400年頃〜 100%TRと合致)

古代のギリシャ語写本99%TRと合致
《99パーセント超の多数派写本》
    
  
   
  

古シリア語聖書 ペシッタ版は、シリア教会全体の聖書として歴史的に有名なものです。それは伝統的本文TR(テクストゥス・レセプトゥス)と密接に合致しています。
 ラテン語がローマ帝国の共通語であったため、多くのラテン語聖書が帝国内のさまざまな地方に存在していました。

テルトゥリアヌスは、完全版のラテン語聖書「イタラ」すなわち、紀元157年頃に作られた最初の「古ラテン語版聖書」)について言及し、紀元190年にアフリカ北部のいたるところで使われていたことを述べています。

TRと同じ読み方のディアテッサロン
アッシリアのタティアヌスは、「ディアテッサロン」(「四福音書の調和」と呼ばれるもの。153年〜172年頃)を作成しました。
 教父テオドレトス(390年〜458年)は、その二百枚以上の「ディアテッサロン」の写本を小アジアとシリアで見つけました。
 それらの写本は、紀元170年以前からそこに存在していたものでした。
 ルカ2・33とヨハネ9・35(キリストの神性と処女降誕を述べている箇所)で、タティアヌスの「ディアテッサロン」にある読み方は、TRにある読み方と同じです。
 ディアテッサロンは、
(1)四つの福音書(それ以上でも、それ以下でもなく)が存在し、教会で使われていたこと、
(2)TRの読み方を証言している古シリア語聖書が存在することを、決定的に証明しているのです。

アルビ派の人々(ローマ教会によって異端者と烙印を押された人々)は、ヒエロニムスが彼のウルガタ聖書を完成させた後も、長い間、「古ラテン語聖書」を使いました。
 今日、私たちが持っているのは、これら古ラテン語聖書の五十の大文字写本だけです。注1
  これらの聖書は、オリゲネス派の人々が不正な変更(改ざん)を行っていない箇所では、シリア語版TRの読み方を証言しており、オリゲネス派の人々によって編纂された箇所では、オリゲネスのヘクサプラの読み方を証言しています。注2

 ヒッポのアウグスチヌス(354年〜430年)もテルトゥリアヌス(160年〜220年)も、アフリカの書記者たちがそれらの写本を絶えず編集し改ざんしていたことを証言しています。注3

● ヒエロニムス作成の「ラテン語ウルガタ聖書」
 紀元383年頃、ローマ教皇(法王)ダマススはヒエロニムスに、「古ラテン語」聖書全体の公式な改訂版を作るよう委託しました。
 ヒエロニムスは、オリゲネスヘクサプラを土台として翻訳し、オリゲネスのあのヘクサプラのすべての欄(全部で六つの欄)に記されているものを材料として用いて、「古ラテン語」旧約聖書を改ざんしました。
 彼は、「学者たち」が持っているもので、ふつうの人々が用いている聖書より「はるかに優れている」「ベラム皮紙の巻物」(すなわち、エウセビウス作成の聖書)のことを誇りました。注4
 イタリア北部の偉大な学者であり、ヒエロニムスと同時代の人であったヘルビディウスは、ヒエロニムスが教皇のために新しいラテン語聖書を作るに際し、腐敗したギリシャ語写本を用いていることでヒエロニムスを非難しました。注5
 もし、ヒエロニムスが純粋な原文通りの読み方の聖書を作ることが不可能であったなら、ヘルビディウスによるこの非難は無意味なものであったはずです!
……………………
注1)Hills,"The King James Version Defended",p.119
注2)Peter S.Ruckman,"The Christian's Handbook of Manuscript Evidence",pp77-79
注3)"International Standard Bible Encyclopedia",Vol.4,p.970
注4)Ruckman著書 p.78
注5)"Post-Nicene Fathers",Vol.6,p.338



《出典 : Floyd Nolen Jones,"Which Version Is The Bible?"[2006年] 》  

さらに深い理解のために(英語)
フロイド・ノレン・ジョーンズ博士の著書
→ "Which Version Is The Bible?"(2010年版) p.164〜,170〜[PDF]

参考ページ→ローマ皇帝コンスタンティヌスが選んだ『エウセビウス-オリゲネス版』聖書



聖書の歴史   次へB-5


ページの上へ↑
……

日本語"聖書"とWH本文》 WH本文を土台とする日本語"聖書"
福音派・保守派の人々はだまされてきた!!

 19世紀後半、イギリスで二人の熟練した降霊術者ウェストコットホートが、WH本文と呼ばれる新約聖書本文を作りました。
 このWH本文は、
  • 悪霊・悪魔と交流するこの二人が新たに創り出した改ざん聖書本文であり、
  • TR新約聖書本文から第一ヨハネ5・7等の非常に重要な箇所を消し去った改変本文でした。…

 そして、この二人が主導する1871年〜1881年の『聖書改訂委員会』により、このWH本文を土台とする最初の英語聖書RVRevised VersionまたはERV)が作られました。
リベラル派向けWHリベラル派向けRV

 福音派・正統派のクリスチャンは、こう受け留めたのです。

  • あの『聖書改訂委員会』には、F.H.A.スクリブナー博士サミュエル・ウィルバーフォース司教のような福音派・保守派の人々も参加しているし、ケンブリッジ大学の教授たちや神学博士聖職者たちも参加しているのだから、彼らの長年の話し合い合議によって、より優れた、より良い"聖書"が作られたにちがいない。

  • 福音派・保守派の人々も参加して出来上がった聖書なのだから、当然、我々福音派・保守派向けの"聖書"にちがいない。
  • それは、イギリス国教会が当初から彼らに委託していた通りの、KJ版聖書『小さな』変更だけを行って作られた、KJ版聖書『改訂版』にちがいない。
  • 今後は、我々福音派・保守派は、KJ版聖書『改訂版』であるRV聖書やWH本文に基づく聖書を採用すべきだ。
福音派


 ウェストコットとホートらは自分たちの正体隠したままイギリス国教会から委託を受けた『聖書改訂委員会』という名目の下で新たな"聖書"を登場させることに成功しました。
 福音派・保守派の多くの人々はだまされてきたのです

 すなわち、本当は、このWH本文が、悪霊・悪魔との交流者たちが創り出した、改ざんされた聖書本文であることです!!

 19世紀後半以降に登場した現代の数々の日本語新約聖書、このWH本文を土台として作られています。新約聖書と本文参照)

ウェストコットホート作成の
WH本文に基づく日本語聖書
  • 『大正改訳聖書』(1917年~)
  • 『口語訳聖書』(1954年~)
  • 『新改訳聖書』(1970年~)
  • 『共同訳聖書』(1978年~)
  • 『新共同訳聖書』(1987年~)
  • 『新改訳2017』(2017 年~)
  • 『聖書協会共同訳』(2018年~)

 これらの"聖書"の土台となっているのは、19世紀後半、イギリスで二人の熟練した降霊術者ウェストコットホートが作り出した、WH本文です。

 神がご自分の聖書編集させるために、悪魔悪霊交流する人々を用いることなど、あり得ません!!
 エターナル・ライフ・ミニストリーズは、聖書とキリストを全面的に信じる聖徒の皆様には()、悪魔悪霊に関わる人々が作り出した改ざん聖書ではなく、本当の聖書イエス・キリストが認証された真の聖書を読むことを、断然おすすめします!!

19世紀後半以降に登場した数々の"聖書"は、降霊術ユニテリアン主義リベラル主義だけでなく、フリーメーソン(20世紀)モルモン教(21世紀)とも関わりがあります)

  1. 降霊術:亡霊・悪霊・悪魔との交流
  2. ユニテリアン主義リベラル主義
    • イエス・キリスト神性否定する。
      イエス・キリストを神(の御子)とは信じない
      三位一体否定し、
      イエス・キリストのあがない(聖書の教える意味での)否定する。
    • 聖書霊感否定する。
      聖書を聖霊による真の神のことばとは信じない
  3. フリーメーソン(20世紀):
    MASONRY PROVEN CONCLUSIVELY TO BE WORSHIP OF LUCIFER, SATAN!
  4. モルモン教(21世紀):モルモン教も加わった聖書新たなパートナー:モルモン教



本当の聖書の歴史概観  聖書の歴史 目次  聖書のホームページ  




利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ