聖書の歴史 E-4 聖書の歴史 目次 

ローマ・カトリックの監督下となった現代版聖書

ケン・マット博士
(Dr. Ken Matto "Your Modern Version is Roman Catholic"[あなたの現代版聖書はローマ・カトリック版です]より抜粋)


● 1881年の聖書本文RVが元となった多くの現代版聖書
1959年にはNASV (ニュー・アメリカン・スタンダード版聖書)が発行され、
RV 1973年にはNIV(ニュー・インターナショナル版聖書)、
1979年にはNKJV(ニュー・キング・ジェームズ版聖書)注1)、
1989年にはNRSV(ニュー・リバイズド・スタンダード版聖書)、
2001年にはESV(イングリッシュ・スタンダード版聖書)、
2003年にはHCSV(ホルマン・クリスチャン・スタンダード版聖書)が、それぞれ発行されました。
 これらの聖書が次々と発行される元となったのは、1881年の聖書本文RV(Revised Version)でした。
 
ローマ・カトリックに由来する現代版聖書

 そのウェストコットとホートの本文RVを支持する二つの主要な写本は、いずれも四世紀の写本であり、それらは福音書だけでも三千箇所が TRと異なっていました。
 それはバチカン写本シナイ写本でした。

RV =

バチカン写本シナイ写本


 バチカン写本は1475年にバチカン図書館で発見され、キング・ジェームズ版聖書の翻訳者たちに与えられましたが、彼らはそれを退けました。なぜなら、それは、途方もなく改ざんされていたからです。
 現代版聖書の土台となっている二つ目の写本は、シナイ写本です。それは、1844年にコンスタンティン・ティッシェンドルフにより聖カタリナ修道院で発見されました。それがまさに焼却されようとしていた時、彼はそれを持ち帰り、1859年にそれを公にしました。それは、ダーウィンが『種の起源』を出版したのと同じ年でした。
 これらの写本は、キング・ジェームズ版聖書に対する二つの主要な攻撃材料として使われました。
 ローマ・カトリック教会が手にしたこの二つの写本は、ウェストコットとホートによりRVを創り出すために使われ、その本文が、すべての現代版聖書の土台となりました。

ネストレ聖書本文の誕生(1898年)
 1898年、エバハルト・ネストレという人物が『ギリシャ語新約聖書』の第一版を創りました。それは、ティッシェンドルフ(シナイ写本発見者)の写本と、ホートおよびウェストコットの本文RVと、ウェイマウスの本文から成り立っていました。(1901年、彼はウェイマウスの本文を、1894年のベルンハルト・ヴァイスの本文で置き換えました)

RV
+ティッシェンドルフ
シナイ写本発見者)の写本
+ウェイマウスの本文




ローマ・カトリックの監督下となった現代版聖書
 さて、ここで、『ネストレ-アーラントによるギリシャ語聖書本文』の第27版から引用したいと思います。それは、現代版の数々の聖書がローマ・カトリックに由来するものであることについて、否定できない証拠を示しています。
 現代版のどの聖書にもプロテスタントの翻訳者たちが存在するかもしれませんが、彼らは、バチカンローマ教皇庁)の支配下にある監督権に対しては、補助的(付随的)なのです。
 以下の引用箇所は、『ネストレ-アーラント版聖書本文』第27版(2006年)の45ページで確認することができます。
 私がこの引用をする前に、知っておくべき重要なことがあります。それは、『ネストレ-アーラントによるギリシャ語聖書本文』第27版、および、『UBS版聖書本文』第4版の両方に関わった編集者の一人が、カルロ・マルティニという名前の、イエズス会の枢機卿であったことです。
 このことは、彼らがローマ・カトリックのあの二つの写本を使っただけでなく、ローマ・カトリックの枢機卿が編集者として関わったことも意味します。

 「1955年、K.アーラントは、M.ブラック、B.M.メッツガー、A.ウィグレン、およびC.M.マルティニとともに『ギリシャ語新約聖書』を作成するための編集委員会に参加するよう招かれた。それは、数々の選択された箇所に関する研究資料付きのギリシャ語本文であり、世界の聖書翻訳者たちが利用するために意図されたものである(第一版:1966年、第二版:1968年)。
 『ネストレ-アーラント版聖書本文』および『UBS版聖書本文』の二つの版の作業は、しばらくの期間、平行して行われた。
 その結果、『ネストレ-アーラント版聖書本文』第26版(1979年)と、『UBS版聖書本文』第3版(1975年)は、土台となる同じ本文を共用した。
 この二つの聖書本文によって共用された本文は、世界各国の聖書協会によって採用された。
 そして、バチカン(ローマ教皇庁)と聖書協会世界連盟(UBS)との間での協定注2に従って、この本文は、彼らの監督の下で作成される新たな翻訳聖書および改訂版の土台として用いられている。
 このことは、異なる宗派間での関係に関して、意義深い一歩である」

ネストレ-アーラント版聖書本文』第27版(2006年),p.45 


=

ネストレ-アーラント版/UBS版の聖書
  
  
  



 下線箇所を見れば、彼らが何も隠していないことがはっきりわかるはずです。
 現代版の数々の聖書の背後のギリシャ語本文は、バチカンローマ教皇庁)の監督下にあるのです。
 現代版の聖書がこれらのギリシャ語本文を使っており、このことは、聖書に何を含め、何を削除するかがローマ・カトリック教会によって決められているということを意味します。
 それで、現代版の聖書はバチカンにとって非常に好都合なものとなっており、ローマ・カトリックの数々の聖書と合致しているのです。

《出典 : ケン・マット博士(Dr. Ken Matto) "Your Modern Version is Roman Catholic"》  

……………………
注1)NKJV(ニュー・キング・ジェームズ版聖書)はKJV(キング・ジェームズ版聖書)の改訂版ではありません。→Does the New King James use the same texts as the old King James?

注2バチカン(ローマ教皇庁)UBS:聖書協会世界連盟とともに発行した、聖書翻訳における異なる宗派間の協同のためのガイドラインは、1968年に発行され、1987年にその改訂版が発行されました。

 「1968年、UBS:聖書協会世界連盟バチカン(ローマ教皇庁)は、異なる宗派間での聖書翻訳プロジェクトに取り組む合同協定を結んだ。…」(David W.Daniels,"Did The Catholic Church Give Us The Bible?",p.148)




次へE-5
聖書の歴史 目次  E-1 2 3 4  6 7 8 9 10 11 12

……

聖書の歴史 概観表   聖書の歴史 目次  聖書のホームページ  TR 新約聖書  UBS版聖書本文とは?  聖書協会UBSとは?  ネストレ-アーラント版聖書本文とは?  ネストレ版/UBS版聖書に関わった人々  オリゲネスとは?  エウセビウスとは?  キリスト教界で知られていない事実  聖書本文の比較と検証  さらに深く学ぶためのリンク集  二つの聖書本文の流れ(PDF)  聖書の歴史E2〜E5(PDF)  現代版聖書のルーツE8〜E12(PDF)  現代版聖書のルーツ(小冊子)  聖書の歴史(書籍)  




利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ  Counter