聖書の歴史 B-3 聖書の歴史 目次 

《 世界最古の新約聖書写本 》

フロイド・N・ジョーンズ博士

 1901年、大文字写本の三つの小さな断片がエジプトで得られ、イギリス、オクスフォードにあるマグダレン大学に寄贈され、その図書館の展示ケースの中に保存されていました。それにはマタイ26章のギリシャ語のみことばが書かれていました。
断片
 1994年、ドイツ人の聖書学者であり、パピルス紙学の学者でもあるカーステン・ピーター・ティーデ博士が写本の断片に注目しました。彼はそれらの断片を再度年代測定し、
その年代を紀元66年と位置付けました。
 これは、第一世紀の新約聖書本文として知られている唯一の現存本文です。注1

 ただし、それは始まりにすぎませんでした。
 ティーデ博士は、レーザー・スキャンによる顕微鏡を用いて、その断片に、マタイ26・22のTR(テクストゥス・レセプトゥス)の読み方である「ヘカストス・アウトン(彼ら一人一人が)」が記されていることを見出したのです!注2
 こうして、今やこの断片は、TRが、ペテロ、パウロ、使徒ヨハネ、および私たちの主の復活のあの500人の目撃者(第一コリント15・4〜8)たちの時代まで古いものであることを裏付けています。
…………………………
注1)Carsten P.Thiede & Matthew D'Ancona,"Eyewitness to Jesus",pp.124-125
  ティーデ博士の発見は、1994年12月24日 ロンドンタイムズ紙の第一面にも掲載されました。

注2)同書 pp.59-60 これらの結果は、1995年のベルリンにおける第二十一回国際パピルス紙学会に提示され、「満場一致で承認」されました(p.61)。


《出典 : Floyd Nolen Jones,"Which Version Is The Bible?"[2006年] 》  

さらに深い理解のために(英語)
フロイド・ノレン・ジョーンズ博士の著書
→ "Which Version Is The Bible?"(2010年版) p.207,208[PDF]



聖書の歴史   次へB-4
……

聖書の歴史 目次   聖書のホームページ  




利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ