聖書の歴史 B-2 聖書の歴史 目次 

99%以上の写本と合致しているTR

フロイド・N・ジョーンズ博士

断片
 新約聖書の真の本文として今日用いることのできる写本として、どういうものがあるかを見ることから始めるのがよいでしょう。
 一つの写本だけで新約聖書の全部がそろっているものは、私たちのもとには一つもありません。
 私たちが持っているのは、数々の断片、数々の章、数々の書などだけです。
 1995年までは、新約聖書の第一世紀の写本は一つも見つかっていませんでした。[B-3参照]

(1)パピルス紙写本
   
 
   
パピルス紙写本
(総数 88)

 現存するギリシャ語のパピルス紙写本は、88あります。
 それらのパピルス紙は、新聞紙のような質のものであり、通常は巻物ですが、書物の形態をしているものもあります。
 ほとんどのパピルス紙は小さな断片であるため、本文はあまり多くは書かれていません。
 その88のパピルス紙写本のうち、13のパピルス紙写本(15パーセント)だけが、「バチカン写本」と「シナイ写本」と合致しています。
 それ以外の75パピルス紙写本(85パーセント)が、ギリシャ語のTR聖書本文と合致しています。

(2)大文字写本
   
 
   
大文字写本
(総数 267)

 現存するギリシャ語大文字体の写本(アンシャル字体。MSSと表記)は267あります。
 そのうち、新約聖書の全部がそろっているものは一つもありません。数々のページ、章、さらには書が欠けています。
 そのうち、258の写本(97パーセント)が、TR合致しています。

(3)小文字写本
   
 
   
小文字写本
(総数 2764)

 筆記体のギリシャ語写本(小文字で書かれており、mssと表記)は、2764あります。
 新約聖書の真の本文を記しているもののほとんどは、ギリシャ語の小文字の写本です。
 そのうち、2741の写本(99パーセント)が、TR合致しています。

(4)ギリシャ語の聖句集
   
 
   
ギリシャ語の聖句集
(総数 2143)
 さらに、ギリシャ語の聖句集2143あります。(聖句の教訓を含む写本。「聖句集」とは、ラテン語に由来するもので、「読む」を意味します)
 少なくとも紀元400年から印刷技術の発明された時代まで、諸教会で公に読まれました。注1
 そのすべて100パーセント)が、TR合致しています。


● 相互に合致する99%の多数派写本

《99パーセント超の多数派写本》
    
  
   
  

ギリシャ語の写本(総計)
(総数 5262)

 こうして、新約聖書の真の本文を証言するギリシャ語の写本は、総計で5262あります。
 そのうちの5217、すなわち、99パーセント相互に合致しています。



…………………………
注1)John W.Burgon,"The London Quarterly Review" 1881


《出典 : Floyd Nolen Jones,"Which Version Is The Bible?"[2006年] 》  

さらに深い理解のために(英語)
フロイド・ノレン・ジョーンズ博士の著書
→ "Which Version Is The Bible?"(2010年版) p.50~,139~,142~,152~[PDF]



聖書の歴史   次へB-3


ページの上へ↑
……

日本語"聖書"とWH本文》 WH本文を土台とする日本語"聖書"
福音派・保守派の人々はだまされてきた!!

 19世紀後半、イギリスで二人の熟練した降霊術者ウェストコットホートが、WH本文と呼ばれる新約聖書本文を作りました。
 このWH本文は、
  • 悪霊・悪魔と交流するこの二人が新たに創り出した改ざん聖書本文であり、
  • TR新約聖書本文から第一ヨハネ5・7等の非常に重要な箇所を消し去った改変本文でした。…

 そして、この二人が主導する1871年〜1881年の『聖書改訂委員会』により、このWH本文を土台とする最初の英語聖書RVRevised VersionまたはERV)が作られました。
リベラル派向けWHリベラル派向けRV

 福音派・正統派のクリスチャンは、こう受け留めたのです。

  • あの『聖書改訂委員会』には、F.H.A.スクリブナー博士サミュエル・ウィルバーフォース司教のような福音派・保守派の人々も参加しているし、ケンブリッジ大学の教授たちや神学博士聖職者たちも参加しているのだから、彼らの長年の話し合い合議によって、より優れた、より良い"聖書"が作られたにちがいない。

  • 福音派・保守派の人々も参加して出来上がった聖書なのだから、当然、我々福音派・保守派向けの"聖書"にちがいない。
  • それは、イギリス国教会が当初から彼らに委託していた通りの、KJ版聖書『小さな』変更だけを行って作られた、KJ版聖書『改訂版』にちがいない。
  • 今後は、我々福音派・保守派は、KJ版聖書『改訂版』であるRV聖書やWH本文に基づく聖書を採用すべきだ。
福音派


 ウェストコットとホートらは自分たちの正体隠したままイギリス国教会から委託を受けた『聖書改訂委員会』という名目の下で新たな"聖書"を登場させることに成功しました。
 福音派・保守派の多くの人々はだまされてきたのです

 すなわち、本当は、このWH本文が、悪霊・悪魔との交流者たちが創り出した、改ざんされた聖書本文であることです!!

 19世紀後半以降に登場した現代の数々の日本語新約聖書、このWH本文を土台として作られています。新約聖書と本文参照)

ウェストコットホート作成の
WH本文に基づく日本語聖書
  • 『大正改訳聖書』(1917年~)
  • 『口語訳聖書』(1954年~)
  • 『新改訳聖書』(1970年~)
  • 『共同訳聖書』(1978年~)
  • 『新共同訳聖書』(1987年~)
  • 『新改訳2017』(2017 年~)
  • 『聖書協会共同訳』(2018年~)

 これらの"聖書"の土台となっているのは、19世紀後半、イギリスで二人の熟練した降霊術者ウェストコットホートが作り出した、WH本文です。

 神がご自分の聖書編集させるために、悪魔悪霊交流する人々を用いることなど、あり得ません!!
 エターナル・ライフ・ミニストリーズは、聖書とキリストを全面的に信じる聖徒の皆様には()、悪魔悪霊に関わる人々が作り出した改ざん聖書ではなく、本当の聖書イエス・キリストが認証された真の聖書を読むことを、断然おすすめします!!

19世紀後半以降に登場した数々の"聖書"は、降霊術ユニテリアン主義リベラル主義だけでなく、フリーメーソン(20世紀)モルモン教(21世紀)とも関わりがあります)



本当の聖書の歴史概観  聖書の歴史 目次  聖書のホームページ  




利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ