S.R.ブラウン明治元訳聖書の翻訳・発行者

この表示付であればインターネット上への転載・コピー・無料配布が自由にできます。 (詳細は→《 利用規約 》)
Copyright c. エターナル・ライフ・ミニストリーズ
http://www.eternal-lm.com
《聖書のホームページ》 http://www.bible-jp.com

サミュエル・ロビンス・ブラウン(Samuel Robbins Brown 1810 ~ 1880年)は、
中国および日本への宣教師です。
ブラウン

 彼はこう宣言しました。
「もし私に百回生きる人生があるとしたら、そのすべてを日本に献げるであろう」
 彼が日本に残した偉大な遺産の一つが、ヘボンとともに主導して完成された、「明治元訳 聖書」です。
 
S.R.ブラウンの生涯

1810年、アメリカ・コネチカット州にて生まれる。
1839年〜1847年、中国にて宣教師として奉仕する。
1839年、マカオに到着。
1841年、シンガポールにてヘボン夫妻と出会う。
1847年、妻の病気のためアメリカに帰国。
1859年(安政6年)十一月に来日。神奈川県の成仏寺に三年間滞在(ヘボン、ゴープルとともに)。(1871年、ゴーブルは『摩手(マタイ)福音書』(カタカナ書き)を発行)
1861年より、ブラウンはヘボンとともに新約聖書の翻訳を進める。
1869年(明治2年)、再来日し、新潟英語学校に就任。
1872年(明治5年)、「新約聖書馬可傳マルコ伝」・「新約聖書約翰傳ヨハネ伝
  (訳者: ヘボン、ブラウン  木版刷りでの出版)を発行。
1873年、「新約聖書馬太傳マタイ伝」(同)を発行。
 ブラウン塾を開設。植村正久,本多庸一らキリスト教指導者を輩出。
1877年、「東京一致神学校」をヘボンらとともに設立。後に『明治学院』となる。
1879年、アメリカに帰国。
1880年明治元訳 新約全書TR準拠 )発行(ヘボンが旧約聖書の委員長、ブラウンが新約聖書の委員長、ほかに、グリーン、奥野昌綱、高橋五郎、松山高吉らも加わる)。
1880年七月二十日、アメリカ・マサチューセッツ州でブラウン死去。
1887年、『明治元訳 旧新約全書』が発行される。




ページの上へ↑
……

新約聖書  明治元訳聖書_2012年復刻版 購入ページ  新契約聖書  ヘボン…明治元訳聖書の翻訳・発行者
聖書ホームページ  




利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ