J.C.ヘボン明治元訳聖書の翻訳・発行者

この表示付であればインターネット上への転載・コピー・無料配布が自由にできます。 (詳細は→《 利用規約 》)
Copyright c. エターナル・ライフ・ミニストリーズ
http://www.eternal-lm.com
《聖書のホームページ》 http://www.bible-jp.com

J.C.ヘボン(James Curtis Hepburn 1815 ~ 1911年)は、中国および日本への宣教師であり、「ヘボン式ローマ字」の創始者としても有名です。
ヘボン

 S.R.ブラウンとともに主導して発行した明治元訳聖書は、彼が日本に遺した偉大な霊的遺産です。
 
 ヘボンの生涯は、こちらにも詳説されています。(PDFファイル)
 参考 → ヘボンの生涯と日本語

ヘボンの生涯

1815年、アメリカ・ペンシルバニア州にて生まれる。
1841年、中国に医療宣教師として赴任。
 その後、シンガポールにてS.R.ブラウン宣教師と出会い、ギュツラフ訳の「ヨハネの福音書」も見出す。
1845年、妻の病気のため、アメリカに帰国。
1859年(安政6年)十月十八日、44才の時に来日。神奈川県の成仏寺に三年間滞在(S.R.ブラウン、ゴープルとともに)。(1871年、ゴーブルは『摩手(マタイ)福音書』(カタカナ書き)を発行)
 ヘボンは来日して住居を見つけるまでの苦労を後にこう述べています。

「私が初めて日本に足を踏入れた時にはドウでござりましたか。僅か漁師百姓が居たばか りでした。(中略)私は神奈川駐剳の領事の所へ行きました。領事は開港場の頭に相談致 すから二日程待ってくれと申しました。そこで毎日々々領事館に行きました。ついては自 分はドコに居ってよいかというに、神奈川にある三つの寺の一つを選べということで、そ の一つを選んで、そこに住居したのでござります。
(明治二十五年十月十五日、指路(しろ)教会でのヘボン講演。石本三十郎訳)
(詳細は→ 『ヘボンの生涯と日本語』)

1861年より、ヘボンはS.R.ブラウン[1810~1880]とともに新約聖書の翻訳を進める。
1863年、横浜に無料の診療所を開院。
  11月、彼の妻(クララ・M・リート)が英語を教えるヘボン塾を開く。高橋是清(後に総理大臣となる)、林董(外務大臣、逓信大臣)、益田孝(三井物産初代社長)らを輩出。
1864年、ヘボンにより最初のトラクトが発行される。それより少し前に、彼はこう述べている。
「私は今、キリスト教のトラクトを発行しようとしています。…たぶん、一ヶ月以内に出来上がるでしょう。…それは非常に立派な日本語に訳されていると私には見えます。それは『わかりやすい、本当の教え』というトラクトです。…私はその版木を作成させていることを、非常に内密にしていなければなりません。もし(日本の)政府が知ったら、すぐにやめさせるはずです。…」

 その後、彼が初期に用意したトラクトは、『十戒』、『主の祈り』、『使徒信条』など。
(キリスト教の布教が解禁になったのは、それから約十年後の1873年[明治6年])

1867年(慶應3年)、「和英語林集成」(日本最古の和英・英和辞典)を発行。
1872年(明治5年)、「新約聖書馬可傳マルコ伝」・「新約聖書約翰傳ヨハネ伝
  (訳者: ヘボン、ブラウン  木版刷りでの出版)を発行。
1873年、「新約聖書馬太傳マタイ伝」(同)を発行。
1874年、横浜指路教会を設立。(牧師は宣教師H.ルーミス)
1877年、「東京一致神学校」をブラウンらとともに設立。後に『明治学院』となり、初代総長を務める。
1880年明治元訳 新約全書TR準拠 )発行(ヘボンが旧約聖書の委員長、ブラウンが新約聖書の委員長、ほかに、グリーン、奥野昌綱、高橋五郎、松山高吉らも加わる)。
1880年、「SHINYAKU ZENSHO」(ローマ字表記の新約聖書)を発行。
1882年、旧約聖書翻訳委員会の委員長に任じられる。
1887年、『明治元訳 旧新約全書』発行。
1892年、『聖書辞典』を山本秀煌(ひでてる)とともに発行。
1906年、ヘボン夫人が88歳で死去。
1911年、J.C.ヘボン死去。




ページの上へ↑
……

新約聖書  明治元訳聖書_2012年復刻版 購入ページ  新契約聖書  S.R.ブラウン…明治元訳聖書の翻訳・発行者
聖書ホームページ  




利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ  Counter