新約聖書 ラインナップ TR 新約聖書案内パンフ(PDF)   聖書ホームページ  



明治元訳聖書セット

明治元訳聖書
明治元訳聖書
クリックすると拡大されます。
TR日本語訳  99%以上の写本が支持する聖書
 明治元訳 新約聖書

  全2巻セット
  ■本体2650円

  第1巻(マタイ〜使徒)
  ■本体2350円

  第2巻(ローマ〜黙示録)
  ■本体2050円


全二巻。A5版。合計386ページ。翻訳: ヘボン、S.R.ブラウンほか
創刊: 1880年(明治13年)ヘボン、S.R.ブラウンほか発行
ヘボン
ヘボン
S.R.ブラウン
ブラウン
  原文 (底本): ギリシャ語新約聖書本文TR(テクストゥス・レセプトゥス)
 明治元訳聖書は、新約聖書新契約聖書とともにギリシャ語聖書本文Textus Receptus(テクストゥス・レセプトゥスから翻訳されています。
  新約聖書の本文 TRが、歴史を通じて保持されてきた神のことばです。

 99%以上の写本が支持する聖書の流れと1%未満の写本に依存する聖書の流れについて、聖書の歴史 概観表で、そのあらましを見ることができます。
 さらに聖書の歴史 概説聖書の歴史も読み進めることにより、非常に重要な真実を見出すことができます。

ギリシャ語の写本
(総数 5262)

  
 
  

trbible
trbible

 は歴史を通じ、5217の写本(総数5262の写本の99%以上)をもって神のことばを保持してこられました。
 が私たちに差し出しておられる、その99%以上の写本が支持する聖書を読まれることをお勧めします。


明治元訳聖書について

初めに、アメリカ人宣教師ヘボン[1815 ~ 1911]およびS.R.ブラウン[1810~1880]が福音書を発行し、その後、グリーン、奥野昌綱、高橋五郎、松山高吉らも加わって、1880年に明治元訳 新約全書TR準拠 )が発行されました。
また1887年には、『明治元訳 旧新約全書』が発行されました(ヘボンが旧約聖書の委員長、ブラウンが新約聖書の委員長でした)

1841年、中国で医療宣教師として働いていたヘボンと宣教師S.R.ブラウンがシンガポールで出会う。
1859年(安政6年)、アメリカ人宣教師ヘボンおよびS.R.ブラウンが来日。神奈川県の成仏寺に三年間滞在。
1861年より、ヘボンとS.R.ブラウンは新約聖書の翻訳を進める。
「新約聖書馬可傳(マルコ伝)(1872年 訳者: ヘボン、ブラウン 木版刷りでの出版)
「新約聖書約翰傳(ヨハネ伝)(1872年 同)
「新約聖書馬太傳(マタイ伝)(1873年 同)
1880年、「明治元訳 新約全書」(TR準拠)が発行される。
1887年、「明治元訳 旧新約全書」が発行される。
1892年、「聖書辞典」が発行される。




目 次

明治元訳 新約聖書(1)(マタイ〜使徒)
   《新約全書目録》
   マタイ伝福音書〜使徒行伝
明治元訳 新約聖書(2)(ローマ〜黙示録)
   《新約全書目録》
   ロマ書〜ヨハネ黙示録


TR聖書の訳例(1

私は義人たちを招くために来たのではなく、罪深い者たちを悔い改めに招くために来たTR 新約聖書
「我は義しき者を召すために来れるにあらず、されど罪人を悔い改に至らしめんためなればなり」(新契約聖書)
「わが来るは義人(ただしきひと)を招くために非ず
罪ある人を招きて悔改(くひあらため)させんが為なり」(明治元訳聖書)
マタイ9・13) 
十字架を取り上げて私について来なさいTR 新約聖書
十字架を負ひて我に従へ」(新契約聖書)
マルコ10・21) 
人は、パンだけによって生きるのではなく、神のあらゆることばによってであるTR 新約聖書
「人たる者は唯パンのみにて生くべからず、されど神のすべての詞にて生くべし」(新契約聖書)
ルカ4・4) 
私を信じている人は、永遠の命を持っていますTR 新約聖書
我を信ずる者は恒(とこしへ)の生(いのち)をもつ」(新契約聖書)
ヨハネ6・47) 
御子は、ご自身を通して私たちの罪の清めを行われTR 新約聖書
「彼は…己自らによりて我等の罪の浄(きよめ)をなし」(新契約聖書)
ヘブル1・3) 
キリストが私たちのために肉に関して苦しみをお受けになったTR 新約聖書
「キリストは肉に於て、我等のために苦を受け給ひたれば」(新契約聖書)
第一ペテロ4・1) 




ページの上へ↑
……

聖書の歴史 概観表  聖書の歴史 目次  聖書のホームページ
ヘボン…明治元訳聖書の翻訳・発行者   S.R.ブラウン…明治元訳聖書の翻訳・発行者
二つの聖書本文の流れ(PDF)  TR聖書の訳例(2   新約聖書の歴史(書籍)
新約聖書  新契約聖書   聖書のホームページ  




利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ  Counter