聖書のホームページ 

出エジプトと考古学的証拠 【2】

エジプトで『アポピ』と呼ばれていたモーセ


  紀元前三世紀のエジプト人歴史家マネトは、『アポピ』という名前が『変えられ』て『モーセ』と呼ばれるようになったことを記しています。

 「…彼ら(ヒクソス)は…一人の支配者を自分たちで任命した。
 彼の名前はアウセラ・アポピであった。
 …
 彼がこの民のところに渡った時、彼の名前は変えられ、彼は『モーセ』と呼ばれた。
 …この民、すなわちヒクソスエジプトを出てエルサレムに行った。…」

 「…これらの事実と13のポイントを対照してわかるのは、聖書エジプト学も、同一のことを描写していることです。
…こうして、次の人物や民族が、いずれも同一人物、同一民族であることがわかります。
ヒクソス = イスラエル民族
アポピ = モーセ
セケエンラー・タア = 出エジプト時のパロ
王の長男(アハメス・サパイア= 出エジプト時のパロの初子


(出エジプトの真実より抜粋)



出エジプトと考古学的証拠
【1】出エジプト時のパロは?
【2】エジプトで『アポピ』と呼ばれていたモーセ
【3】パロの長子とパロの連続死
【4】悪臭を放ち続けるパロのミイラ
【5】エジプトを襲った大災害と死の記録



出エジプトの真実

ページの上へ↑
……

聖書シリーズの本 聖書のホームページ  カ タ ロ グ一覧 エターナル・ライフ・ミニストリーズ   




Counter