聖書のホームページ 

出エジプトと考古学的証拠 【3】

パロの長子とパロの連続死


  クロード・ヴァンダーズレーン氏(ベルギーのエジプト学者。1927年〜)は、著書『アハメス・サパイア』の中でこう述べています。
 「セケエンラー王には後継者の王子アハメス・サパイアがいました。
 彼は六歳で亡くなり、彼のも、それからまもなく亡くなりました。…
 この像に刻まれていることからわかるのは、この王子がセケエンラー・タアの長男であったことです。…
 この像は多くの点で異例です。この像の高さは1メートルと3・5センチであり、像がほとんど存在しなかった当時としては注目すべきことです!
 それは『家族の悲しみ』を表しています。
 この王子は明らかに早死にしたのです。
 というのも、彼の母と二人の姉妹、および彼のである王(セケエンラー)によって惜しまれているからです。
 王は自分が(この像の)父親であることを表明し、自分の息子に二人称のことばで直接語りかけています。
 それは、エジプト王室の歴史においては類のないことです」
(Claude Vandersleyen, 『アハメス・サパイア』2006)


(出エジプトの真実より抜粋)



出エジプトと考古学的証拠
【1】出エジプト時のパロは?
【2】エジプトで『アポピ』と呼ばれていたモーセ
【3】パロの長子とパロの連続死
【4】悪臭を放ち続けるパロのミイラ
【5】エジプトを襲った大災害と死の記録



出エジプトの真実

ページの上へ↑
……

聖書シリーズの本 聖書のホームページ  カ タ ロ グ一覧 エターナル・ライフ・ミニストリーズ   




Counter