エターナル・ライフ・ミニストリーズは、以下の団体とは一切関係ありません。(→異端カルトへの聖書的対処 参照)


異端カルトカルビニズム1

カルビニズムカルトである理由


非常に、非常に多くの時間をかけてよく調べ、観察してきた聖徒の厳粛な結論

Why is Calvinism a CULT?より)

 カルビニズムは多くの理由からカルトです
 カルト的な行動の特徴の一つは、そのカルト集団自体に対する偶像崇拝的な強い願望(欲望)です。
 このことは、特にカルビニズムに当てはまります。
 長老派やバプテスト派の信者がみな、このカルビニズムカルト的行動の泥沼にはまっているというわけではありません。
 カルビニズム教会に出席する人々の中には、そこがカルビニズムの教えだからという理由以外の理由で出席している人々も多くいます。
 そういう人々は、カルビニズム自体に関しては、ほとんど重要視していません。
 このカルト集団に捕らえられてしまっているカルビニストは、カルビニズム献身している人々です。
カルビニスト

 カルビニストたちは、カルビニズム『5ポイントの教え』に精通しており、それこそが"福音"だと思っている人々です。


特徴1

 第一に、他のどのカルト集団とも同じように、カルビニストたちは自分たち以外のどの神学体系も偽りの福音』だと主張することを好みます。
 特に、『救いの教理』についての彼らの考えには、それが当てはまります。


特徴2

 第二に、カルビニストたちは、昔のグノーシス主義者たちと非常によく似た信念を持っています。

カルビニストグノーシス主義者


 グノーシス主義とは、キリスト教界で最初に異端の教えを説いたカルト的集団です。
 グノーシス主義者たちは、選びの者たちというものを信じていました。
 すなわち、神についての奥義的な知識を理解する"エリート"という者たちです。
 グノーシス主義者たちと同様に、カルビニストたちも、『選びの者たち』だけカルビニズムを受け入れて理解できるようになると信じています。
 彼らだけがその知識を理解して受け入れることが可能な者たちだから、という理由でです。
 彼らは第一コリント2・14をそのように解釈し、最終的にカルビニズムを受け入れない人はだれも選ばれてなく、新生していない人であり、そのような人々はカルビニズムについてのこの奥義的知識は理解できない、と考えるのです。
生まれながらのたましいによる人だれでも最終的にカルビニズムを受け入れない人、選ばれてなく、新生していない人)は、神の御霊のことを受け入れません。
…また、彼はそれを知ることができません。(カルビニズムについてのこの奥義的知識は理解できない)…」(第一コリント2・14)
カルビニスト


特徴3

 第三に、カルビニズムカルトである理由は、その数々の教義にこだわる人々が"カルビニズム""偶像"化しているからです。
 もちろん、カルビニストは自分が偶像崇拝者であると認めはしないでしょう。
 自分を偶像崇拝者であると認める偶像崇拝者がどれだけいるでしょうか?
 では、なぜカルビニストたちは偶像崇拝者たちなのでしょうか?

 もしあなたがだれか一人のカルビニストを注意深く観察し、彼の行いを観察すれば、彼が聖書のメッセージについて、その真の意味、意図されている意味ほとんど考慮していないことがわかるはずです。
 彼が自らに理解することを許す唯一のメッセージは、カルビニズムのメッセージだけです。
 聖書のどんな箇所も、最初に、カルビニストの"製粉機"にかけられるのです。
 彼の教理に反するように見えるどんな箇所も、彼の体系にぴったり合うように手直し(再加工)されて解釈されるのです。
 どんなカルト集団とも同様に、カルビニストどんな状況でも自分の信念変えようとはしません
 聖書のみことばのメッセージについても、そうです。
 カルビニストは、自分の信念を聖書に一致させるのではなく、むしろ、聖書自分の信念に一致させようとするのです。
 彼は、聖書が本当は何を言っているかを理解しようとする代わりに、どうすればその箇所がカルビニズムの教えに強いインパクトを与えるかを自問するのです。
 さらに彼は、その箇所で意図されているメッセージを誠実に理解しようとする代わりに、カルビニズム教え合う解釈を開発するのです。
 こうして、どんな解釈も、その意図された意味を理解するべく調べられるのではなく、むしろ、カルビニズムの教えにぴったり合うようにされるのです。

 カルビニストはこれらのことを行うゆえに、偶像崇拝者なのです。
 偶像崇拝者とは、自分の"偶像"に仕えている者です。
 カルビニストは、"カルビニズム"という"偶像"に仕えているのです。


カルビニストの"気まぐれ"な聖書解釈

 彼は、何よりも第一に自分の信仰体系に仕えており、聖書は自分の信仰体系と合致するように解釈されなければならないのです。
 聖書のどんな解釈も、自分の偶像である自分の"神"の"気まぐれ"に従うのです。
 彼の"神"とは、すなわち、カルビニズムです。
 彼はどんな解釈をも行う前に、まずカルビニズム相談しなければならないのです。
 彼の"神"であるカルビニズム是認されない解釈は、絶対ダメだからです。

 たとえば、ヨハネの福音書で、カルビニストたちは、
 ヨハネ1・29やヨハネ3・16の『』という語は、「明らかに、選ばれている者たち」を意味し、選ばれている者たちだけを意味すると解釈しています。

「…神の子羊、選ばれている者たちだけ)の罪を取り除かれる方…」(ヨハネ1・29)
「…神は、ご自分の御子、生まれたひとり子をお与えになったほどに選ばれている者たちだけ)を愛された…」(ヨハネ3・16)
カルビニスト

 ところが、
 ヨハネ17・9では、彼らは『』という語は、「明らかに、選ばれていない者たち」を意味すると解釈しています。

「私は彼らのことでお願いします。私(イエス・キリスト)は選ばれていない者たち)のことでお願いするのではなく、あなたが私にお与えになった人々のことでです。…」(ヨハネ17・9)
カルビニスト

 ですから、彼らは『』という同じ語(ギリシャ語コスモス)に、ある箇所と別の箇所で正反対の意味を与えているのです。
 ちょうどこれと同じような事例がカルビニズムには数え切れないほど多くあります。
 このようなカルトに捕らえられていない人々で、流動的な信仰体系を持っている人々もいます。
 もし聖書の何らかの箇所が自分たちの現在の信念、彼の偶像に強い影響を及ぼすなら、ほとんどの人は聖書と一致するように自分の信念を変えることでしょう。
 しかし、カルビニストはそうではありません。
 彼は、ちょうどエホバの証人がするようなアプローチをするのです。

カルビニストエホバの証人
カルビニズム創始者
ジャン・カルヴァン
ジャン・カルヴァン
(1509~64)
エホバの証人設立者
チャールズ・ラッセル_エホバの証人
チャールズ・ラッセル
(1852~1916)

 カルビニストエホバの証人も、何よりも第一に彼らの信仰体系に仕えており、彼らを変えることになる聖書の箇所は全くありません。
 自分の偶像である自分の信仰体系を脅かしそうになる聖書の何らかの箇所があれば、彼は幾日も徹夜してでも、カルビニズムぴったり合うようにすることのできる解釈を考え出すのです。
 そのような場合、彼は決して次のような自問はしません

「この箇所の本当の意味は何なのだろう?
 カルビニズムカルビニズムの何らかの重要ポイントが間違っているのだろうか?

 彼はそのような考えを考慮することは決してしません
 なぜなら、彼は神よりも自分の偶像献身しているからです。
 こうして彼は聖書の多くの箇所から何も学ぶことができないのです。
 なぜなら、彼は、自分の"偶像"、自分の"神"であるカルビニズム是認していないことには、決して耳を傾けないからです。
 聖書を読む目的は、その箇所が何を言っているかを見出し、その意図されている意味に到達するためです。
 その文脈、文法を理解することにより、また、受け入れられている客観的な解釈原則に従うことによってです。
 ほとんどの人は、聖書の中にある数々の宝を発見するために聖書を読みます。
 しかし、カルビニストは、そうではありません。
 彼が聖書を利用するのは、自分の"偶像"を喜ばせること以外のどんなことのためでもありません。


カルビニストの『文脈』と『解釈手法

 カルビニストは、自分はどの節もそれぞれの『文脈』の中で解釈していて、『受け入れられている解釈手法』に従っていると主張するかもしれません。
 しかし、実際は、彼の『文脈』とは、その聖書の箇所のことではなく、カルビニズムという体系自体のことです。
 また、その受け入れられている唯一の解釈手法』とは、自分の"神"であるカルビニズム怒らせない解釈を開発することなのです。
 他の数々のカルトと同様に、カルビニストたちも、聖書にある数々の概念を首尾一貫したものとして組み立てて、すべての断片が適切な場所にぴったり収まった全体像に到達しようとはしません
 むしろ、彼らは、自分たちに最も合うように見える数々の箇所を捕らえて、カルビニズムを高揚させないどんな箇所をも無視するか手直しをしています。
 こうして彼らは聖書の多くの箇所を寄せ集めて、彼ら自身のために彼ら好みの信念体系を打ち立てています。
 端的に言えば、彼らは聖書全体が伝えようとしている信仰体系を追求しているのではなく彼ら独自の信念体系創り出しているのです。
 最終的に、彼らは、彼ら自身の"神"、すなわち、カルビニズムと呼ばれる偶像を創り出しているのです。
 それは彼ら自身の創作物なのです。
 カルビニズムを説明するものとして私がこれまで述べてきたことが厳しすぎると考える人々が多いかもしれません。
 一時は私自身もそうでした。


 けれども、非常に、非常に多くの時間をかけてカルビニストたちをよく調べ、観察してきた私の厳粛な結論は、
  1. カルビニズム非常に危険カルトであること、そして、
  2. エホバの証人およびモルモン教同じカテゴリーに分類されるものであることです。

カテゴリー

 彼らが『神の三位一体』や『キリストの神性』を受け入れているからといって、だまされてはいけません




異端カルトカルビニズム
次へ2. 真理 vs 異端キリスト教 vs カルビニズム




カルビニストたちの証言
  1. 神様、この教理偽りです
  2. 私は異端教えだまされていた
  3. だから、それは異端教えなのです
  4. それは悪魔最大のうその一つです
  5. 永久保証』は悪霊どもの教えです
  6. 私は救われてもいなかった
  7. 聖書はこの教理一致していない!
  8. 私も罪を犯す機会として利用した
  9. 私は"うそ"を信じていた
  10. 私はそむき続けていた
  11. 極悪教理」からの解放
  12. 私は偽り教理退ける決心をした
  13. 私は地獄永遠の火から救われた!
  14. 自殺して地獄に行くところだった!


【推奨サイト】(英語)
  1. Heresies of Calvinismカルビニズムという異端
  2. Calvinism An Ancient Heresy Revivedカルビニズム:復活した古代の異端
  3. Calvinism is an Abominable Theological Positionカルビニズム忌まわしい神学
  4. Throw Out The Cult Of Calvinismカルトカルビニズムを捨て去りなさい】
  5. DAVID, CALVINISM IS INDEED A CULTカルビニズムは確かにカルトです】
  6. Calvinism is a counterfeit Christian CULT. It is actually carefully disguised Roman Catholicism.カルビニズムキリスト教のカルト: 変装したローマ・カトリック
  7. Cult of Calvinism_What is Calvinism?カルビニズムというカルト:カルビニズムとは?】
  8. The Cult of Calvinism_cult-like things that happened after a Calvinist pastor took over our non-Calvinist churchカルビニズムというカルト_カルビニストの牧師が来てから教会に起きたカルト的なこと】
  9. Calvinism, Cults, and Control【カルビニズムカルト、そしてコントロール】


【推奨書籍】(英語)
  • Calvinism: None Dare Call It Heresy(2018 Bob Kirkland D.D)
    著者ボブ・カークランド博士はこう述べています。
    「私はこれまで40年以上にわたり、多くの時間を費やしてカルビニズムを研究してきました。…
     ジャン・カルヴァンは、「神は、『何十億人もの人々を地獄永遠に焼かせる』というただそれだけの目的のために彼らをこの世に生まれさせることによって、栄光を受けることになる」と教えました。
     このことだけでも、聖書どこにも見られない"神"を描いており、そして実質的に、神を間違って伝えています
     それだけでなく、これは、『別の福音』の土台を創り出しています。
     すなわち、"運命論的な福音"であり、キリストの犠牲を、キリストのもとに来る人ならだれにでも自由に適用することが、もはやできないようにしているのです。…
     これは異端でなくて何でしょう?

  • 推奨書推奨書推奨書推奨書推奨書推奨書推奨書

  • The Cult of Calvinism: A False Religion Thriving Within the Walls of the Churchカルビニズムというカルト: キリスト教界内部にはびこる宗教】(2013 Michael Scott Lowery)
  • A Cultish Side of Calvinismカルビニズムカルトとしての側面】(2011 Micah Coate)
  • The Myth of Eternal Security永久保障一度救われたら、ずっと救われたままである)という神話】(2005 ダン・コーナー師著)
  • The Believer's Conditional Security【信者の条件的保障』】(2000 ダン・コーナー師著)
  • What Love Is This?: Calvinism's Misrepresentation of God 【これは、どういう愛なのか? カルビニズムによる神についての詐称】( 2007 Dave Hunt)
  • Why I Am Not a Calvinistなぜ私はカルビニストではないのか】(2004 Jerry L. Walls and Joseph R. Dongell)
  • Did Calvin Murder Servetus?カルヴァンはセルヴェを殺したか?】(2008 Standford Rives)
    アメリカで処刑された33人の男女[「ボストン殉教者たち」(1659年〜1661年) ・「セイラム魔女裁判](1692年〜1693年) について詳述)


  • 【推奨動画】(英語)
    一度救われたら、ずっと救われたまま』)(ビル・ウィーズ師)

    一度救われたら、ずっと救われたまま』)Part 1

     →Part 2ビル・ウィーズ師)


    一度救われたら、ずっと救われたまま』への五発のデスブロー)

    ゴットクエスチョンのウェブサイトはカルビニスト


    私がカルビニズムから離れた理由…アラナ

    私がカルビニズムを棄てた理由…セト


    カルビニズムは偽りです…C・ローソン牧師

    私がカルビニストではない理由…R・ブレイカー伝道者


    私がカルビニストではない理由…B・ウィザーリントン

    カルビニズムの間違いについて…R・アーノルド牧師





    ページの上へ↑
    ……


    エターナル・ライフ・ミニストリーズは、以下の団体とは一切関係ありません。(→異端カルトへの聖書的対処 参照)




    異端カルトカルビニズム
    次へ2. 真理 vs 異端キリスト教 vs カルビニズム



    聖書のホームページ TR新約聖書  

    利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ   Counter