聖書のホームページ TR新約聖書  

偽りを語る人々・だまされる人々3

偽情報・異端だまされない聖徒のための
聖書真実3

1聖書に反する偽情報・異端だまされてしまう原因



 インターネット上には多くの偽情報が蔓延しています。
 天国を目指して聖く歩む真の福音信仰者たちは、どんな偽情報にもだまされないよう十分注意する必要があります。
 行先が地獄となってしまわないためです!
 第一回目の今回は、その偽情報だまされる原因に関するです。
  


羊の服を着た

 真の福音信仰者たちが偽りの情報によってだまされてしまう原因は何でしょうか?

 その大きな原因は、福音派」の人々の主張を、真の聖徒たちが聖書の本当の教えであると勘違いして聞き入れてしまうことです。
 「福音派」とされていながら、本当は、そうではなく異端カルトの信奉者たちであるのに、人々が勘違いし、だまされてしまい偽りの教えや説得を聞き入れてしまうことにより、混乱が生じてしまうのです。
 キリスト教界には、そのような福音派」の人々や団体・教会が少なくありません。
 イエス様はこう言われました。

「偽預言者たちに気を付けていなさい
 彼らは羊の服を着てあなたがたのところに来ますが、内側強奪するです」(マタイ7・15)

カルビニスト
 その代表的な例が、かつてのジョー牧師のようなカルビニズムを信奉するカルビニストたちです。


だまされる人々の悲劇

 カルビニズムを信奉する教会や団体は、キリスト教の真の福音派」でしょうか?

 完全にちがいます。
 彼らが、たとい何らかの「福音派」と標榜する同盟的な組織に加入しているとしても、その正体異端カルトです。(詳細は→福音派内部異端_カルビニズム等を参照)
 彼らは、自らを「福音派」と見せかけていても、中身は、完全な異端カルトなのです。

《カルビニストの正体
「福音派・正統派」の服を着た
異端・カルト
(マタイ7・15)
カルビニスト正体

 そのため、大ぜいの人がだまされています
  • 真の福音信仰者は、エホバの証人モルモン教の教えに耳を傾けるべきではないのと全く同様に、カルビニストたちの教えにも耳を傾けるべきではありません
  • 真の聖徒は、エホバの証人モルモン教とのどんな関わりも断つのと同様に、カルビニズムとのどんな関わりも断つべきです!
 もし、あなたが、『キリスト教の福音派と分類されている教会なのだから大丈夫だ』と信じて、あなたの愛するだれかを「カルビニズム信奉の教会」に通うように勧めるとしたら、どうなるでしょうか?
 その人は救いを保って天国に行くようになるでしょうか?
 そうならないことを、みことばも、元カルビニストジョー牧師の体験証言しています
 イエス・キリストカルビニストジョー牧師を地獄に連れて行かれ、こう言われました。
 
子よ、もしあなたが今信じていることを信じ続け、それを説教し続けるなら、これがあなたへの刑罰となります
イエス様とジョー牧師

牧師 牧師 牧師
(クリックで拡大)
人々
牧師
人々
人々

 そして、ジョー牧師がかつて牧会した教会の教会員たちも、その地獄火の池の中にいました!

 だまされてを犯した元教会員たちはこう叫んでいました。
 ジョー牧師、おまえは我々をだました

ジョー牧師
(クリックで拡大)


教会員たち致命的錯覚

 その元教会員たちは、カルビニストであったジョー牧師から、こう教わっていたのです。
カルビニズム教会
(クリックで拡大)

 カルビニストであったジョー牧師から聞いてを犯していた教会員たちは、地上で生きていた時、致命的錯覚の中にいました!

錯覚1 彼らはそういうカルビニズムの教え』を聞いて、「自分は一度信仰決心をしたことがあるのだから、があっても、死んだら天国に行くはずだ」と思っていたことでしょう。

錯覚2 彼らは自分たちのカルビニズム教会を、プロテスタントの正統派福音派のキリスト教会と信じて、そこに通っていたかもしれません。

錯覚3 そして彼らは自分たちのカルビニスト牧師を、「聖書の真理を語る説教者、神の真理のみことばを語る牧師」と信じて、説教に耳を傾けていたかもしれません。


 ところが、彼らが死後に行き着いた先は、地獄火の池の中でした!
 地獄に来てから、自分はだまされていたと気付いても、もはや手遅れです。
 彼らはそこから永遠に出ることができません
 現在ジョー牧師の語ったことを聞いてを犯した教会員たちは、その地獄拷問の苦しみを受けており、そこから永遠に出られません
 そして彼らは、永遠に地獄で苦しみ続けるのです


彼らのカルビニズム教会正体は…

 カルビニズムを教えるこの「プロテスタントの正統派福音派」のカルビニズム教会』の正体は、何だったでしょうか?

 それは、決して人々に教えてはならないこと」を聖書の真理であるかのように装って教える異端でありカルト集団でした!

カルビニズム教会b&a


彼らのカルビニスト牧師正体は…

 彼らが聞き従っていたカルビニスト牧師』の正体は、何だったでしょうか?

 「聖書の真理を語る説教者、神の真理のみことばを語る牧師」として彼らが聞き従っていたカルビニストの牧師の正体は、「福音派・正統派」の服で偽装した異端カルトの教師でした!

《カルビニストの正体
「福音派・正統派」の服を着た
異端・カルト
(マタイ7・15)
カルビニスト正体


 さらに、ギリシャ語の教師でもあったジョー牧師は、「ギリシャ語ではカルビニズム教理誤りであること」を知っていました。


みことばを「ゆがめる」人々

 ギリシャ語ではカルビニズム教理誤りであることを、カルビニストの教師でさえもわきまえていたのですね?

 そうです、ジョー牧師は知っていながら、人々をだましていたのです。
 彼はこう述べています。

「私はギリシャ語を教えていました。
 ギリシャ語を学んでいた私は、ギリシャ語ではカルビニズム教理誤りであることが証明されるとわかったのです!
 私は、それを教える人々は、それをゆがめて教えなければならないとわかったのです。…
 カルビニストたちは、みことばをゆがめている歪曲している)のです
 というのも、どの聖書本文も、文脈が存在しなければならないからです。
 さもないと、それは(解釈者の主張したいことに利用される)『口実』となるのです」
ジョー牧師

 カルビニズム誤りであることは、彼の証言だけでなく、聖書のみことば確証しています
(詳細は→『永久保障聖書の教えではない理由』等を参照)

 カルビニストたちのようにみことばゆがめること歪曲)は、決してしてはいけない行為です

「なぜなら、私たちは、神のことばに混ぜ物をしている、あの多くの者たちのようではないからです」(第二コリント2・17)
「私たちは…神のことばにごまかしを行うこともせず、…」(第二コリント4・2)

 みことばを「ゆがめる」ことをしない限り、カルビニズム教理正当化できないのです!

 その結果、彼らは自分たちの教理の間違い指摘する人々を批判し、異端視さえしています。


他者を「異端呼ばわり」する異端者

 自らの教理の間違いを認めないカルビニストたちは、どういうことをしているでしょうか?

 彼らは自分たちの教理の間違い指摘する人々を批判し、異端視さえしています。
 他者を「彼らは異端だ」と非難すれば、あたかも彼ら自身はそうではないように見える、あるいは聞こえるのではないでしょうか?
 ですから、真の福音信仰者注意しなければなりません!
 インターネットのサイトでは、カルビニストたちが異端について』のメッセージ動画を盛んに発信しており、カルビニストたちが書いた、そのような内容の書籍すらも発行されています。

《カルビニストの正体
「福音派・正統派」の服を着た
異端・カルト
(マタイ7・15)
異端だ

 そのようなサイトメッセージ動画は、彼らが"異端"とみなす団体の"偽り"指摘したり批判したりします。
 すると、その視聴者や読者は、そのメッセージを語る人々や団体、その本の著者や発行者については、「この人は正統派の人なのだ」と勘違いして受け留めてしまうはずです。
 多くの視聴者や読者は、それらの著者メッセンジャー自身が「異端者」であることに気付かないまま、だまされてしまうのです!


真の聖書真に語っていること
  • 本の著者だからといって、書かれていることが真実であるというわけではありません
  • 大教会の牧師だからといって、語られていることが真実であるというわけでもありません
  • 信仰年数が長いからといって、その人の主張することが正しいというわけでもありません
 そういう人間の考えや信念正しいことの根拠では全くありません

 真の聖書真に語っていること、それこそが真理なのです!

 真の福音信仰者たちは、数々の偽情報によってだまされないよう十分注意する必要があります。


KJ版聖書・TR/マソラ本文聖書に敵対する人々!

 聖書の教えに関してだけでなく、TR聖書に関しても、どんなことに関しても、天国を目指して進む真の福音信仰者は、偽りの情報によってだまされないよう十分警戒する必要があります!
 異端カルト集団であるカルビニズムには、特に警戒する必要があります

カルビニズムを信奉する諸教派・教団は、さらに大きな組織傘下にあります。
 その傘下キリスト教団体はすべてUBS/NA等の改ざん聖書本文に基づく聖書を推し進めています。
 なぜならその組織が『敵対者』とみなしているのはKJ版(TR/マソラ本文)聖書を読む者たち』、すなわち彼らが『キリスト教原理主義者たち』と呼ぶ人々だからです。
 それはまさに、真の福音信仰者たちです!
キング・ジェームズ版聖書新約TR本文旧約マソラ本文

 次回以降のでそれらのことを詳しく見ることにします)

 「あなたがたは、さまざまな、よその教えによって運ばれてはいけません(ヘブル13・9)

「兄弟たち、あなたがたに勧めます。
 あなたがたが学んだ教えに反して分裂とつまずきを起こしている人たちに注意していなさい。
 また、彼らから遠ざかりなさい(ローマ16・17、18)

「…あなたがたは彼らの真ん中から出て行き分離しなさい、と主が言われる。
 また、汚れたもの触れてはならない
そうすれば私はあなたがたを受け入れ、 私はあなたがたにとって父となり、あなたがたは私にとって息子たち、また娘たちとなる、と万物の保持者なる主が言われる」(第二コリント6・17、18)
新約聖書A5表紙

(『クリスチャンへの警告 21』より)



1. 地獄に行ったカルビニストの牧師!


2. カルビニズム糾弾する10人の評価

関連推奨記事》
  1. 地獄にいた骸骨姿説教者
    「クリスチャンへの警告 第21集」 第二部
  2. 地獄にいた骸骨姿の説教者

  3. 地獄会衆と一緒にいた牧師
    「クリスチャンへの警告 第21集」 第四部
  4. 地獄の人々

  5. 地獄にいた某異端宗教の教祖
    「クリスチャンへの警告 第11集」 第二部
  6. ロドルフォ師

  7. 地獄にいた某宗教団体首領
    「クリスチャンへの警告 第7集」 第二部
  8. アンジェリカ




ページの上へ↑
……








ページの上へ↑
……


エターナル・ライフ・ミニストリーズは、以下の団体とは一切関係ありません。(→異端カルトへの聖書的対処 参照)




関連推奨記事》
  1. 地獄にいた骸骨姿説教者
    「クリスチャンへの警告 第21集」 第二部
  2. 地獄にいた骸骨姿の説教者

  3. 地獄会衆と一緒にいた牧師
    「クリスチャンへの警告 第21集」 第四部
  4. 地獄の人々

  5. 地獄にいた某異端宗教の教祖
    「クリスチャンへの警告 第11集」 第二部
  6. ロドルフォ師

  7. 地獄にいた某宗教団体首領
    「クリスチャンへの警告 第7集」 第二部
  8. カルビニスト正体



利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ   Counter