聖書のホームページ TR新約聖書  

地獄に行ったクリスチャン

地獄に行ったカルビニズム信者

一度救われたらずっと…』と信じて地獄に行ったカルビニズム信者ジェレミーの体験

地獄
(クリックで拡大)

朗読者のジョセフ・オデュロ氏から:
 OSAS(Once Saved,Always Saved)とは、『一度救われたら、ずっと救われたままである』というキリスト教の教理です。
 この教理は、大ぜいのクリスチャンたちを汚染しており、人が一度、主イエス・キリストによる救いを受けたなら、その人を主の恵みから離してしまうものは全く何も存在せずでさえも主の恵みからその人を離してしまうことはないと信じさせています。
 また彼らは、人が一度救いを受けたら、その人は罪の中の生活を続けることができるとも信じています。
 私自身はこの教理を信じていません。この教理は完全に偽りです

ジョセフ

 これから私がみなさんに読み上げようとしている証しは、クリスチャンのジェレミー兄弟(イタリア人)が送ってくれたものです。
 それは、あのコロナウィルスが蔓延していた時期に彼に起きた臨死体験です。
 彼はこの教理を信じてしまった犠牲者です。
 彼はこの教理を彼の教会から受けたと言いました。彼はその教会名を明かしませんでしたが、その教会から彼はこの教理を受けたと言いました。
 この男性は病気になって死にました。
 彼が死んでから、驚いたことに、すぐに彼は地獄に行き着きました。
 それまで彼が信じていたことは完全に間違っていたのです。
 私はこれから、私に送られた通りにこのメッセージを読み上げていきます。何も付加も削除もしていません。みなさんの友人や家族にも伝えてください。彼らも主のメッセージを受けられるためにです。
ジョセフ


ジョセフ・オデュロ氏について:
 彼のチームはアフリカ(ケニヤ、ガーナなど)に行き、イエス・キリストの福音を伝える働きをしています。彼らは聖書や食糧、衣類、シェルターなどを提供し、健康補助の働きも行っています。
ジョセフ_アフリカ

Missionary Project In Africa



カルビニズム信者
ジェレミーの体験
2020年



地獄
(クリックで拡大)


ジェレミー
 こんにちは、私の名前はジェレミーです。イタリア人です。
 私は2020年に体験した神との出会いについてお話しします。
 地獄の火は本当に存在します。
 そのことに関して、だれにもだまされないでください

 私は地獄に連れて行かれたその短い時間で、地獄がどんなに恐ろしいか、はっきりわかりました。
 すべての人が、特にクリスチャンたちが、このことに耳を傾けてくれるようにと私は祈ります。
 私も自分を一人の信者だと思っていました。
 ところが私は地獄に行き着いたのです

 それから四年ほどたちますが、今でもそれをまざまざと覚えています。


私の教会で教えられていた教理

 私は、このOSAS(Once Saved,Always Saved:『一度救われたら、ずっと救われたままである』)という教理に基づく生活をしていました。
 私はかつて私が交流していた教会で、この教理のことを教わりました。

カルビニズム教会

 私は自分がどんな生活をしようと、全く気にしていませんでした。
 なぜなら、私を神の恵みから引き離して、私を永遠に有罪とするものなど何もない、と私は知らされていたからです。


の生活

 当時、私には一人のガールフレンドがいました。
 私は彼女をとても愛していました。
 私たちは結婚していませんでしたが、私は彼女と淫行をしました。
 私は幾度かそのことをしましたが、私の行いで罪意識を感じたことは一度もありませんでした。
 なぜなら、私は救われていて、たとい私が罪を犯し続けていても、神の恵みによって私は守られる、と知らされていたからです。
 私は、自分が将来犯すことになる罪も神によって自動的に赦されると信じるように、と教わっていました。
 たとい私が悲しみを覚えたり、悔い改めようとしなくても、です。
 私は当時、淫行は、まだ救いを受けたことがない人々にとっての罪にすぎないと知らされていました。
 私は友人たちといっしょに出かけて行き、パーティーで飲んだり、喫煙したりしましたが、そのことでとまどいを覚えたことは一度もありませんでした。
 なぜなら、私はすでに救いを受けていて、イエス・キリストが私の過去の罪将来の罪の両方の罪のために死なれたのだと知らされていたからです。


病気との闘い

 さて、あのコロナロックダウンとなっていた時期、私は29歳でした。
 そのパンデミックのために、多くの人と同様に私も家に閉じこもっていました。
 それまで私は何年も、繰り返し起こる病気と闘っていました。
 私の両方のが何かで冒され、何度も私は血を吐いていました
 ただし、この時は違う感じがしました。
 私の胸部が痛くなってきましたが、私はそれを無視しようと努め、痛みが消えていくことを望んでいました。
 何日もたつにつれ、痛みが強くなりました。
 私はがしにくくなりました。
 私の兄弟と私は病院に行くことを話しました。
 けれども、ニュースでは病院は人々であふれていて、ベッドも使えないという報道ばかりでした。
 ロックダウンで事態はいっそう深刻でした。
 私はをするたびにを吐いており、そうして時が過ぎていきました。
 私は医者に電話をかけて、私の症状を説明しました。
 彼は同情してくれましたが、あまり助けにはならず、私と直接会って診断することはできませんでした。
 彼はを処方してくれました。


私の

 ある日の晩、私が処方された薬を飲んだ後、私は突然、呼吸ができないと感じました。
 まるで私の二つの肺が機能をストップしたかのようでした。
 私はパニックになり、私の兄弟を呼びました。
 彼は私の部屋に駆け込んで来ました。
 私は苦しそうにあえいでいました。
 私の母も入って来て、彼らは二人で助けようとしましたが、何もうまくいきそうに見えませんでした。
 私は死にたくありませんでした。
 私は、なぜこのことが私に起きているのか理解できませんでした。
 私は心臓の鼓動が速くなっているのを感じました。
 私の視力はぼんやりしてきました。
 私の胸部の痛み耐えがたいものでした。
 私は持ちこたえようと奮闘しましたが、私の体力は無くなっていきました。
 最後は、私はその奮闘をあきらめました。
 なぜなら、私はもうそれ以上何もできなかったからです。
 私はもうそれ以上持ちこたえることができなかったのです。
 ほんの一瞬の間、私は自分の意識が遠のくのを感じました。
 気がつくと私は、私自身の肉体の上に浮かんでいました

ジェレミー

 その瞬間、私に見えたのは、そこに横たわっている私の体だけでした。
 私はそれから少し離れた所に立っていました。
 私の家族は、私の周りにいました。
 私は起きていることを理解しようと努めました。
 けれども、まだ十分には理解できないでいるうちに、何らかの"無敵の力"のようなもので引きずられるような感じがしました。
 一瞬のうちに、私はもはやその部屋の中にはいませんでした。


地獄の中へ

 私がいた場所は、広大な暗い空間のようでした。

地獄

 そこは、私がそれまで知ったことのない、全く異なる場所でした。
 そこは、どの方向にも無限に広がっていると感じました。
 境界が見えませんでした。
 太陽の光はないのに、そこにあるどんなことも見えました。
 空気はどんよりしていました。
 遠くから叫び声が聞こえました。
 人々の、つらそうな苦悩の、深い後悔の叫び声でした。

地獄


 私は自分がどこにいるのか、よくわかりませんでした。
 恐ろしい音が聞こえ、振り向くと、生き物が見えました。
 私は彼らを私の目で見たわけではありません。
 私は彼らの存在を感じたのです。
 それは、私が想像することのできるどんなものよりも恐ろしいものでした。
 それは、悪霊どもののようでした。
 私が振り向くと、そういう生き物が私の周囲のいたるところにもっと多くいました



地獄

(クリックで拡大)

 彼らは恐ろしい音を立てながら動き回っていました
 人々叫び声悲鳴の声もありました。
 私はゆっくりとどこかへ動かされました。
 そこで私は、私が地獄にいると知らされたのです!!

「何だって?」
 私はそのことを信じることができませんでした。
 私は地獄の中にいたのです!!

どうして? どうして、こんなことがあり得るんだ?
神の信者である私が、なぜここにいるんだ?」

 私はクリスチャンであり、イエス様私の主また救い主として告白していました。
 私は聖書を読んでいたし、教会にも通っていました。
 私の牧師は、信者が地獄に行くことはあり得ないと私にはっきり言っていました。
 私はこう思いました。
これは間違いにちがいない

 私の胸部の痛みはなくなっていましたが、私は明らかに、その胸部の痛みの百万倍も激しい痛みを経験しようとしていたのです。
 私は、「これは本当に起きていることではない。これは何らかの悪夢なのだ」と自分を納得させようとしました。
 けれども、悪霊どものあの恐ろしい音や、私の周囲から私が感じているの感覚で、私は滅んで地獄に来たのだと確信しました。

愛するジョセフ兄弟、私は偽りを語っているのではありません!

 その瞬間、私はキリストについて完全にだまされてうそをつかれていたと感じました。
 私は、「私は裏切られたのだ。キリスト教は蜃気楼(しんきろう)だったのだ」と感じました。
 私は、「それなのに私が最後は地獄に行き着いたのであれば、救いという実体など全く存在しなかったのだ」と考え始めました。
 私は私自身に対して怒り出しました。
 私の牧師に私がだまされるままにしていたことに対してです。

 なぜ私は裏切られたのだろうと自問し始めていた時、鋭利な物が、私ののどの真下から私を突き刺すのを感じました!!
 それは貫通して私の頭の上に現れました!!
 その苦痛は、想像を絶するものでした。
 我慢できない激痛でした!!



地獄

(クリックで拡大)

 私はすぐにあわれみを求めて嘆願し始めました。
 ところが、私が懇願しようとすればするほど、それはますます激しくなったのです。
 私はイエス様に呼ばわりました。
 ところが、私が呼ばわれば呼ばわるほど、ますます恐ろしい音がして、その音が私を拷問のように苦しめたのです。
 その間、私は全身突き刺され続けていたのです!!
 私は非常に衰弱していきました。


主の御使い

 それから突然、その苦痛、その拷問の苦しみが、ゆっくりと治まり始めました。
 私が振り向くと、ある姿が近づいて来るのが見えました。
 それは悪霊ではありませんでした。
 それは、清らかで紳士的な明るい姿でした。
 私がとても驚いたことに、この時、彼の存在で私は希望と平安が与えられたのです。
 それは主の御使いでした。

天使


 彼の表情純潔と力を表しています。
 彼が現れた時、すべての悪霊どもと彼らの恐ろしい音が消えました。
 その天使がそばに来ました。
 すると、私の足に掛けられていたが突然解かれ、私は少し安心しました。
 そしてすぐに私は、この恐ろしい場所から連れ出してくれるよう懇願し始めました。
 私は彼に、私が一人の信者であったことや、教会で神にお仕えしていたことを話しました。
 私は激しく泣いていました。
 自分がこの場所に永遠にいることなど想像できなかったのです。


天使が私に告げたこと

 その天使は私に、神が私を喜んでおられないことを話しました

 彼は、かつて私が熱心に仕える忠実な一人のクリスチャンであったが、突然、罪の中に陥った次第を明らかにしました。
 彼は、私がガールフレンドとの淫行の罪のことや、私が犯したそれ以外の数々の行いのことを話しました。
 私はガールフレンドと淫行をしていたのです。

天使

 私は神の教えに厳格に従う道から離れたことを彼に話しました。
 なぜなら、私の牧師がいつも私たちに、私たちが一度救われて、イエス様を私たちの主また救い主として受け入れたら、私たちの罪からずっと救われているままになる、と言っていたからです。
 そのことが私をここに至らせることになるとは、私は全く知りませんでした。
 その天使ががっかりしていることが明らかでした。
 その天使が私に答えて語ったことばは、今に至るまで私の頭の中に残っています。

 彼はこう言いました。
  • あなたの牧師が、あなたを誤った方向に導いたのです。
  • 救いはを犯すための許可証ではありません。
  • あなたは、聖い生活をし、悔い改めから向きを変えて離れるために召されていました。
    受容するために召されたのではありません。
  • あなたの行いには結果が伴っているのです。
  • あなたの自己満足が、あなたをここ(地獄)に至らせたのです。

天使

 私は深い悲しみ後悔に襲われるのを覚えました。
 私はそれまで、誤った安心感を信じていて、自分が喜ぶ通りに生きることができると思っていました。
 それによって生じる結果を直視してはいなかったのです。
 私は神の恵みはあたりまえのこととして受け留めていました。
 けれども、今や私はその代価を払っていたのです
 私はひざまずき、涙をとめどなく流しました。
 私はもう一度私にチャンスを与えてくださいと懇願しました。

「私はこれから変わります!  私はどんなことでもします!」

 彼は、救われた後のすべてのたましいに神が願っておられることは、神の栄光を世に示すことであることを語り始めました。
 彼が私に明らかにしたのは、
  • 信者たちは光の灯台となり、神の恵みと力生ける証人となることが意図されていること、
  • 私たちの生活神の愛と聖さと義反映させることが期待されていること、
  • かえって、私たちは、"真理を歪曲した教え"によって自分がだまされるままにしたことでした。

 彼が私に明らかにしたのは、
  • 神が『一度救われたら、ずっと救われたままである』という教理非常に不快に思っておられること
  • この教えが、罪の中で生き続けている多くの人々に誤った安心感を与えて彼らを惑わしていることでした。

 それから彼が私に知らせたのは、
神がこの時代に起こそうとしておられる男女は、
  • 妥協しようとしない者たち
  • 真理の内に堅く立って人々を本物の悔い改めに導く者たちであることでした。

 彼が私に語ったのは、
  • 救いは、人をからも罪の力からも救うこと、
  • それは全き変化であり、
  • 生まれ変わって新たな生活)の中へ入ること、
  • キリストの命本当に受けている人々は、その変化の証拠を帯びるようになること、
  • 彼らは罪から引き離されるようになること、
  • 彼らの生活には、から絶えず離れて神の方へ向くという特徴があるようになることでした。

 また彼が私に知らせたのは、
  • キリストを受け入れたで人が自分の喜ぶ通りに生きることを許すどんな教えも、終わりの時代のサタンの策略であり、
  • それは信者たちの欲求を満足させて神にそむく生活に入れており、
  • 最終的に彼らを神の敵としていること、
  • サタンは、信者たちをに陥らせることができれば、彼らの証しを効力のないものとすることができ、
  • 彼らを神から引き離すことができると知っていることでした。



再び地上

 彼が最後のことばを言った瞬間、突然、私の周囲のすべてのものが、ぼやけて色あせ始めました。
 私は後ろへ引かれつつありました。

ジェレミー

 私は自分が永遠に行ってしまったかのように感じましたが、気がつくと、それは数分間にすぎませんでした。
 そんなに短い時間に、どうやって私はそんなにたくさんのことを経験できたのでしょう。
 私は深呼吸をしました。
 すると驚いたことに、長い間私を拷問のように苦しめていたあの胸部の痛みは劇的なまでに小さくなっていました。
 私は新たな活力が私の体を貫通するのを感じました。
 そのような体力は、何週間も感じたことがありませんでした。
 私のこの体験の翌日、私は自分の信仰もっと理解する必要があると思いました。
 私は聖書深く学び始めました

ジェレミー

 私は、『一度救われたら、ずっと救われたままである』という教理の真実性に関して調べたいと思いました。
 私が調べていくにつれ、この非聖書的な教えの真正性を否定するいくつもの聖書のみことばが見つかりました

 その第一は、ヘブル10・26、27でした。
「なぜなら、真理についての全き知識を受けた、私たちが故意に罪を犯しているなら、もはや罪のために、いけにえは残されていないからです。
 あるのは、裁きを待つ恐ろしい予感のようなものと、敵対する者たちを食らおうとしているの熱心さです
新約聖書A5表紙

 この箇所は、真理を知ったを意図的に続けることは裁きに通じていることを明らかにしていました。
 永久の保証ではありません。
 それは意図的な罪の結果が深刻なものであることを浮き彫りにしていました。

 第二の聖書のテストはヤコブ2・14〜17でした。
「私の兄弟たち、だれかが自分は信仰を持っていると言っていても、行いを持っていないなら、何の益になるでしょう?
 その信仰は、その人を救うことができるでしょうか?
 兄弟か姉妹が裸でいて、その日の食物に事欠いている場合、あなたがたの中のだれかが彼らに、「平安の内に帰りなさい。体を暖かくし、満腹していなさい」と言っても、体に必要なものを彼らに与えなければ、何の益になるでしょう?
 そのように、信仰も、もし行いを持っていないなら、それだけでは死んだものなのです
新約聖書A5表紙

 ヤコブは、
  • 行いのない信仰が死んだものであること、
  • 本当の信仰は、従順と良い行い生活生み出すこと、
  • 単なる口先だけの告白では不十分であることを強調しました。

 そして最後はマタイ7・21〜23でした。
「私に『主よ、主よ』と言っている人がみな天の御国に入るようになるのではありません
 天におられる私の父のみこころ行っている人が、入るようになるのです。
 その日、多くの者が私に言います。
 『主よ、主よ、私たちは、あなたの御名によって預言し、あなたの御名によって悪霊を追い出し、あなたの御名によって多くの力あるわざを行ったではありませんか?』
 すると、それから私は彼らにこう告白します。
 『いまだかつて私はあなたがたを知ったことありません
   私から離れ去りなさい不法を働く者たち』」
新約聖書A5表紙

 イエス様ご自身が、彼を主よと呼ぶ者がみな天の御国に入ることになるわけではなく天におられる父のみこころ行っている人入るようになると警告されました。
 私がすべての人にお勧めしたいのは、自分と神との関係真剣に考えることです。
 地獄は本当にあります。
 ただし、神の恵みとあわれみも本当にあります。
 その真実敬意を払う生き方を毎日しようではないでしょうか。
ジェレミー 



朗読者のジョセフ・オデュロ氏から:
 大ぜいのクリスチャンだまされています
 想像してみてください、この教理を信じているクリスチャンたちが毎日10人死んでいるとすれば、彼らは確実に地獄に行き着いているのです。
ジョセフ

 もしあなたがこのOSAS(『一度救われたら、ずっと救われたままである』)という教えに従っていて、罪の中の生活をしていながら『自分は救いを受けられる』と思っているなら、『最後は死んで天国に行くと思っているなら、それは全く真実ではありません
 
「しかし、彼(神)がその光の中におられるように私たちがその光の中を歩んでいるなら、私たちは互いに交わりを持っており、彼の御子イエス・キリストは私たちをどんなからも清めているのです」(第一ヨハネ1・7)
新約聖書A5表紙

 このみことばはクリスチャンたちに書き送られました。
 これは、「(もし私たちがその光の中を歩んでいるなら」という条件的なみことばです。
 では、もしクリスチャンたちが、彼がその光の中におられるように私たちがその光の中を歩んでいないなら、どうでしょうか?
 このみことばは明らかに、もしクリスチャンすなわち信者がそのの中を歩もうとしないなら御子イエス・キリストがその男性あるいは女性の罪を清めることはあり得ないことを意味しています。


エターナル・ライフ・ミニストリーズから

こうしてわかるのは…

 ジェレミー氏が神の教えに厳格に従う道から離れたのは、彼の牧師が彼に、OSAS(『一度救われたら、ずっと救われたままである』)というカルビニズムの教えを語っていたからでした。
 その結果、彼は死んで地獄に連れて行かれました。
 そこで神の御使いはジェレミー氏に、非常に重要な数々の真実を告げました。

天使

ジェレミー氏の牧師(カルビニスト)について、神の御使いはジェレミー氏にこう告げました。
  • あなたの牧師が、あなたを誤った方向に導いたのです

  •  こうしてわかるのは、
    1一度救われたら、ずっと救われたままである』と教えるカルビニズム牧師が、カルビニズム信者たち誤った方向に導いていることです。


    御使いはジェレミー氏に次のことを明らかにしました。
  • 私たち(カルビニズム信者たち)は、"真理を歪曲した教え"によって自分がだまされるままにしたこと

  •  こうしてわかるのは、
    2カルビニズムは、"真理を歪曲した教え"であることです!


    御使いはジェレミー氏に次のことを明らかにしました。
  • この教えが、罪の中で生き続けている多くの人々に誤った安心感を与えて彼らを惑わしていること

  •  こうしてわかるのは、
    3カルビニズムの教えが、罪の中で生き続けている多くの人々に誤った安心感を与えて彼らを惑わしていることです!


    また、御使いは、カルビニズムサタンの関係にも言及しました。
  • キリストを受け入れたで人が自分の喜ぶ通りに生きることを許すどんな教えも、終わりの時代のサタン策略であり、
  • それは信者たちの欲求を満足させて神にそむく生活に入れており、
  • 最終的に彼らを神の敵としていること、
  • サタンは、信者たちをに陥らせることができれば、彼らの証しを効力のないものとすることができ、
  • 彼らを神から引き離すことができると知っていること

  •  こうしてわかるのは、
    4カルビニズムは、人々を「神から引き離す」ための「サタン策略」であることです!


    御使いはジェレミー氏に次のことを明らかにしました。
  • 神が『一度救われたら、ずっと救われたままである』という教理非常に不快に思っておられること

  •  こうしてわかるのは、
    5一度救われたら、ずっと救われたままである』と教えるカルビニズム教理を、神は非常に不快に思っておられることです!



    まとめると…

     以上をまとめると、神の御使いは次のことを明らかにしました。
    1一度救われたら、ずっと救われたままである』と教えるカルビニズム牧師が、カルビニズム信者たち誤った方向に導いていること

    天使

     そしてカルビニズム(『一度救われたら、ずっと救われたまま』 改革派神学)という教理は、
    2真理を歪曲した教えであること

    3誤った安心感を与えて人々を惑わしている教えであること

    4人々を神から引き離すためのサタン策略であること

    5神が非常に不快に思っておられる教理であることです。



    のクリスチャンの証拠特徴は…

     さらに、神の御使いは、のクリスチャンの証拠特徴について次のことを明らかにしました。

    • あなたは、聖い生活をし、悔い改めから向きを変えて離れるために召されていました。
      受容するために召されたのではありません
    • 信者たちは光の灯台となり、神の恵みと力生ける証人となることが意図されていること、
    • 私たちの生活神の愛と聖さと義反映させることが期待されていること、
    • 救いは、人をからも罪の力からも救うこと、
    • それは全き変化であり、
    • 生まれ変わって新たな生活)の中へ入ること、
    • キリストの命本当に受けている人々は、その変化の証拠を帯びるようになること、
    • 彼らは罪から引き離されるようになること、
    • 彼らの生活には、から絶えず離れて神の方へ向くという特徴があるようになることでした。


     さらに、御使いは次のことも明らかにしました。
     神がこの時代に起こそうとしておられる男女は、
  • 妥協しようとしない者たち
  • 真理の内に堅く立って人々を本物の悔い改めに導く者たちであることでした。




  • 地獄に行くのは、だれの"せい"

     自分が地獄に来たことでびっくりしていたカルビニズム信者のジェレミー氏に、神の御使いはこう告げました。

  • あなたの牧師が、あなたを誤った方向に導いたのです。
  • 救いはを犯すための許可証ではありません。
  • あなたは、聖い生活をし、悔い改めから向きを変えて離れるために召されていました。
    受容するために召されたのではありません。
  • あなたの行いには結果が伴っているのです。
  • あなたの自己満足が、あなたをここ(地獄)に至らせたのです。

    • 天使

     神の御使いは、「あなたをここ(地獄)に至らせた全責任は、あなたの牧師にあります」とは言いませんでした。
     ジェレミー氏が地獄に行ったのは、正確には、だれの"せい"だったのでしょうか?
     カルビニズム信者たち地獄に行くことになるのは、彼らを「誤った方向に導いている」人々だけの責任でしょうか?
     確かに、ジェレミー氏を誤った方向に導いていたカルビニズム牧師悪影響がそもそもの原因でした。
     しかし、ジェレミー氏の自己満足、すなわち、彼がそれを"よし"としたことが、自らを「地獄に至らせた」と神の御使いは告げました。
     ジェレミー氏の行いには、地獄永遠に刑罰を受けるという結果が伴っていると御使いは告げたのです。

     「を犯すための許可証」を自分の拠り所として「受容」し、自分の欲求を満足」させ、「自分の喜ぶ通りに生きることを許す」ままにし、「"真理を歪曲した教え"によって自分がだまされるままに」していること(つまり、それを自分に許容すること。ジェレミー氏はそうしていました)、そのことが、カルビニズム信者を「地獄に至らせる」のです。
     なぜなら、そのカルビニズム信者は、「神にそむく生活」をしており、自らを「神の敵」としており、すでに「神から引き離されている」者だからです!
     ジェレミー氏はこう述べています。
    「その天使は私に、神が私を喜んでおられないことを話しました」

     これは、ジェレミー氏にだけではなく、罪を犯しているどのカルビニズム信者にも当てはまることです!

     ジェレミー氏に必要だったのは、「本物の悔い改め」をすることでした。
     それは、本当に救われることを真摯(しんし)に願うどのカルビニズム信者にも必要なことであり、まだ地上で生きている間は可能なことです!




    地獄

    (クリックで拡大)




    1. 地獄に行ったカルビニストの牧師!

    2. カルビニズム糾弾する10人の評価

    3. 偽情報だまされない聖徒のための


    関連推奨記事》
    1. 地獄にいた骸骨姿説教者
      「クリスチャンへの警告 第21集」 第二部
    2. 地獄にいた骸骨姿の説教者

    3. 地獄会衆と一緒にいた牧師
      「クリスチャンへの警告 第21集」 第四部
    4. 地獄の人々

    5. 地獄にいた某異端宗教の教祖
      「クリスチャンへの警告 第11集」 第二部
    6. ロドルフォ師

    7. 地獄にいた某宗教団体首領
      「クリスチャンへの警告 第7集」 第二部
    8. アンジェリカ




    ページの上へ↑
    ……




    カルビニストたちの証言
    1. 神様、この教理偽りです
    2. 私は異端教えだまされていた
    3. だから、それは異端教えなのです
    4. それは悪魔最大のうその一つです
    5. 永久保証』は悪霊どもの教えです
    6. 私は救われてもいなかった
    7. 聖書はこの教理一致していない!
    8. 私も罪を犯す機会として利用した
    9. 私は"うそ"を信じていた
    10. 私はそむき続けていた
    11. 極悪教理」からの解放
    12. 私は偽り教理退ける決心をした
    13. 私は地獄永遠の火から救われた!
    14. 自殺して地獄に行くところだった!




    ページの上へ↑
    ……


    エターナル・ライフ・ミニストリーズは、以下の団体とは一切関係ありません。(→異端カルトへの聖書的対処 参照)







    利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ   Counter