聖書の歴史 目次  聖書のホームページ 異端アリウス派エウセビウス

エウセビウスとは? 聖書の歴史


 オリゲネスの弟子がパンフィルスであり、パンフィルスの弟子かつ友人がエウセビウスでした。
 パンフィルスとエウセビウスは共同で図書館を設立し、オリゲネスの著作物をそこに収めました。

オリゲネス オリゲネス聖書
オリゲネス(185年頃〜254年頃)
(その弟子)パンフィルス(〜309年)
(その弟子・友人)エウセビウス(〜340年)
(パンフィリスとともに図書館を設立。オリゲネスの著作物を収めた)

 パンフィルスの死後、331年、エウセビウスはコンスタンティヌス帝からの指示を受けて50冊の聖書を用意しました。

 エウセビウスは、次のような人物でした。

 初代教会の歴史を記した「偉大な歴史家」とされているエウセビウスは、異端のアリウス派であり、アリウス友人でもありました。
 アリウスは、イエスは肉において来られた神ではないと信じていました。
 すなわち、イエスは一人の被造物にすぎないと信じていたのです。
 アリウスにとって、イエスは一人の人間以上の存在ではあっても、決して神ではなかったのです。
 エウセビウスは、「オリゲネスこそ最も偉大な人物」と考えていました。

 まとめると、こうなります。
エウセビウス
  • アリウス派
  • アリウスの友人
  • イエスは肉において来られた神ではない
    と信じていた
  • オリゲネスこそ最も偉大な人物」と考えた

 エウセビウスの思想・信念は、こうでした。
  • 異端アリウス主義
  • イエスは肉において来られた神ではない
  • イエスは一人の被造物にすぎない

 エウセビウスは、オリゲネスを崇敬したアリウス主義異端者』でした。



異端アリウス派エウセビウス
『改ざん聖書』を作ったオリゲネスとは?
現代版聖書を編集するリベラル派の人々


ページの上へ↑
……





利用規約  Copyright C. エターナル・ライフ・ミニストリーズ